FC2ブログ
8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/03/28(木)   CATEGORY: 未分類
勇気ある判決

毒舌日記 ブログランキングへ


1票の格差を巡る訴訟について、広島高裁及び広島高裁岡山支部の裁判官が、昨年の衆議院選挙における広島1区、2区及び岡山2区の選挙を無効とする判決を出した。
今まで、「違憲状態」あるいは「違憲」とした判決はあったものの、選挙そのものを無効とした裁判所の判断は始めてである。
裁判所も、「違憲状態じゃ!」と言い続けてきたのに、国会議員が一向に定数是正をしないから、堪忍袋の緒が切れたのだろう。

それにしても、この広島高裁や同岡山支部の裁判官は、なかなか勇気があるではないか。
最高裁が違憲判決を出しているので、判決文を書きやすかったのだろうが、選挙無効まで踏み込んだ判決はなかなか書けるものではない。
司法は三権の一翼として独立しているとはいいながらも、予算や人事があるから、政府や官僚の顔色を窺うのが普通だからだ。

裁判官の給料は任官から20年間は同期では差が出ない。
「裁判官の報酬等に関する法律」というのがあって、判事補という裁判官の補佐職が12号から始まって1号俸まで、判事が8号俸からスタートして、最高位は1号俸だ。
その上には、各高裁の長官以上の幹部裁判官の給料も定められており、最高裁長官の給料が内閣総理大臣や国会議長と同じ額となっている。
三権分立といいながら、立法府が裁判官の給料を決めるのは、おかしいような気もするのだが、まあ、法治国家ということでここは大目に見ておこう。

裁判官は任官から20年、凡そ45歳くらいで4号俸という給与ランクになるのだが、ここから3号俸への昇進は、上司や官僚の評価で差が出てくる。
この3号俸と4号俸では給料自体が月額で16万3000円違うし、賞与や手当てなんかを加算すると年間所得では、500万円の差が出るのだ。
そして、その昇進差はその後も続き、同じ年齢で年収が1千万円以上も違うことになるのである。
誰だって、給料は高い方が良いに決まっているので、裁判官といえども、上司や官僚に嫌われないようにするのだ。

そこで裁判官はどんな行動をするのか。

まず、第一に、自分の担当する事件を速いスピードで処理して、在庫(?)である係属中の事件を消化することである。
上司からも、事件の消化については厳しくチェックされるのだ。
したがって、刑事事件などは、検察官の起訴理由などを「丸呑み」して、怪しげな自白調書もホイホイ採用するのだ。
無罪主張など、被疑者が犯行を否認している場合は裁判が長期化するので、見せしめのために、軽微な犯罪にも実刑判決を出したりするアホな裁判官が多い。
このスピード主義により、毎日、多くの冤罪が生まれているのだろう。

次に、裁判官は、反体制の位置づけにある労働組合関係の判決などで、検事と違うような判決を出せば、国の幹部官僚や自民党、上司裁判官からにらまれるであろうと考える。
したがって、労働組合絡みの裁判では、検事の求める意向と違うような判決はまず出さない。
具体的には、ひたすら、検事が作成した調書のストーリーに沿った判決を出すのだ。

国を相手にする行政訴訟も同じだ。
行政訴訟というのは、行政事件に関する訴訟のことであり、公権力の行使の適法性などを争って、その取り消しや変更を求める訴訟だ。
今回の選挙における「1票の格差」の違憲性を争う訴訟も行政訴訟だ。

このような行政訴訟は、行政府が行なった(または行なわなかった)行為(不作為))に対して、「おかしいやんけ!」と異議を唱える訴訟なのだから、政府からみれば、そんなことを言うヤツは「敵」である。
このような「お上にたて突く」人間に有利な判決を下せば、その裁判官は出世は諦めるしかないのである。
したがって、広島高裁などの選挙無効の判決は画期的といえるだろう。

元々、日本では、行政訴訟が極めて少ない。
お上の言うことは絶対なのである。
日本における行政訴訟の数は、年間1800件である。
「多いやんか!」と思ったアナタ。
ドイツなどでは、年間50万件の行政訴訟が提起されているのをご存知だろうか。
ドイツだけでなく、他国では行政に対する訴訟は一般的であり、ヨーロッパの法学者が、日本において行政訴訟が極めて少ないことをテーマに論文を発表したくらいなのだ。

裁判官を取り巻くこのような情勢下で出された選挙無効の判決に対して、7月までに最高裁は判断を下すことになる。
最高裁判事は出世コースの極みであるから、選挙無効の判決は出ないとも考えられるが、世論が後押しすれば、これは分からない。

厚生労働省の村木局長の事件では、検察側の証拠改ざんがあったとはいえ、無罪の決め手は、「村木さんが正しい。」という世論の後押しがあったからである。
本来は、裁判において「真実の所在」を審理してほしいのだが、実は、こんなことで判決は変わるのである。

裁判官は神ではない。
世間の常識を知らない普通の人間なのである。


下のボタンを押すのは、「違憲」ではありません。


毒舌日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。