FC2ブログ
8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/03/22(金)   CATEGORY: 未分類
正しい花見

毒舌日記 ブログランキングへ


各地から、桜の便りが届いて、まさに春本番の様相を呈してきたが、関西地方では、和歌山の紀三井寺や根来寺で、桜が咲き始めたものの、全般的にはこれからのようである。
どうやら関西の桜は、私をみれば分かるように、地域住民と同じで「控えめ」な性格に違いないのだ。

関西では、吉野山の桜や京都円山公園のしだれ桜が全国区だが、このほかにも大阪城公園の西の丸庭園や、兵庫県なら武庫川沿いの桜、滋賀県は三井寺の桜など、何処の土地にも「これが一番」という桜があるのが嬉しい。
たぶん、全国の読者のそれぞれが、「一番の桜」を頭に描いているのだろう。
このブログのアンケートでも、自慢の桜の名所をご紹介いただいているので、機会があれば是非行ってみたいものだ。

さて、こんな桜の国の国民は、桜が咲くと、浅い春の夜寒をものともせず、花見に出かけるのである。
昔は、会社の「社命」により、若手が場所取りに朝から陣取っていたものだが、最近ではブルーシートだけが置かれていることが多いのは社会環境の変化だろうか。
私など、昔は場所取りの命を受けるとともに、「飲んでよし」の許可を得て、同僚と朝から晩まで飲みながら場所取りをし、本番では飲みすぎてエライことになった経験があるのが自慢だ(何が自慢やねん!)。

そこで今回は、花見にあたっての留意点を述べたい。

まず第一に、花見の場所はどこでもよいのだが、夜桜をみる場合は、桜があるのは当然として、街灯などの明かりの近くでないと現場が「闇鍋」状態になって混乱するのだ。
もちろん、酒飲みが桜を愛でる時間は最初の5分間程度で、「どこでやっても同じやんか。」と言われるくらい、後は酒を飲むだけのおっさんに変身するのだが…。

次に、この季節の花見の問題点として「寒さ」がある。
川原などで花見をする場合はバーベキューなども可能なのだが、公園などは基本的には火気厳禁だ。
しかし、夜寒の頃は冷たいビールばかりでは辛い。
そこで「燗板娘」という商品名だっただろうか、ワンカップ酒の下部に発熱の仕掛けのある酒が重宝するのだ。
十分な熱量があるので、飲みきったその容器に次の酒を入れておくとまた温まる。
飲む速度にもよるが、私の経験では3杯はいけるのだ。

もっとも、寒いのは酒が廻るまでの間である。
その後も飲み続けると、気温を感じない仙人のような域に達するのであるが、寒さとともに、羞恥心や公序良俗といったものまで、感じなくなるケースがあるので、そこは注意したい。

次に、花見会場で販売している飲食物はやたら高いことが問題になる。
350ミリの缶ビールは、普通に買えば220円だが、これが花見会場の夜店で買うと、500円もするのだ。
したがって、ビールなど酒類は決して現場で買ってはいけない。
コンビニなどで調達してから行くのが王道である。
安く上げるコツとして、発泡酒や第三のビールを混ぜておくのだが、泡さえ出れば誰も文句は言わないだろう。

ただし、暖かいおでん(関東だき)とか焼きソバなどは、現地調達もやむをえない場合がある。
その場合は、ポツポツ買いに行かずに、みんなの分をまとめ買いして、「おっちゃんまけといてや~」と可愛く言うのだが、おっさんが可愛く微笑むと変な誤解をされても困るので、ここは女子力に頼りたい。
最悪、女子がいない場合は女装も視野に入れたいが、公安当局がどのような対応をするか、予測できないことを申し添える。

そのほか、ブルーシートなどは、持ち帰るのが面倒なので、コンビニでそれぞれが尻に敷くダンボールを貰って行くのが望ましいし、場所によっては床机などが無料で使えるところもあるので、ネットで調べておこう。


この週末、花見を計画しているアナタ。
アナタの友人や飲み仲間に「雨男」や「雨女」がいないことを祈りたい。


雨雲退散の加持祈祷には↓このポチでっせ!

毒舌日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
ありがとうね
千葉のおばちゃん | URL | 2013/03/22(金) 20:27 [編集]
8師匠、先程はコメントにお返事いただき、大感激しました。何度もコメントしてたんですが、一向に送信できず、悲しい思いをしておりましたが、今日返事がいただけて、千葉のおばちゃん感涙!花見の極意も教えていただいたことだし、明日は84歳の母を連れて、花弁の数ほど人の数がある靖国神社から、千鳥が渕に花見に行ってきます。飲み物はスーパーで買って、持参するわ。 これまでもこれからも、ずっと応援してるから!
8ちゃん 有難う
千尋 | URL | 2013/03/23(土) 01:50 [編集]
先日は大変お世話をかけ申し訳ありませんでした。

桜をバックに入れてくれたことがわかって、嬉しかったけれど、輝きすぎて目がくらんでしまいました。

8ちゃんに、小うるさいおばさんと思われるかもと、小さな胸を痛めながらお願いしてしまいましたが…。
弱者に優しい8ちゃんは、どこまでも優しくて感激でした。

この画面は見やすくてコメントも入れやすいので、本当にありがたいです。

こちらの桜は、まだ殆ど開いていません。
住む人といっしょで、きっと控えめなのでしょう。。

桜の花が満開になったら、本当に西の丸庭園に出かけたくなりそうな気分です。

8ちゃん、桜もお酒も堪能して、リフレッシュしてくださいね~。


私の花粉症は杉が一番強いけど他にもあります。
でも桜がさいたら、いつもの桜に会いに出かけようと思っています。

待っている今が楽しいのかもしれませんが、桜がさいたら、天気の良い日は8ちゃんが言われたように、あちこち歩いて、今年の桜を堪能することにしますね。
桜を見られる幸せをかみ締めながら…又来年もと思える花があるのは幸せなことですね~。



千鳥が淵に」行ってきました。
千葉のおばちゃん | URL | 2013/03/24(日) 21:52 [編集]
行ってきました、千鳥が淵。84歳の母と、夫の三人で千葉からバスに乗り、エッチラオッチラ。  靖国神社、千鳥が淵、北の丸公園、武道館。まぁ、さくらの花びらの数と同じくらいの人の頭数、うんざりしそうになりながらも、さくらの荘厳な美しさに、ため息と感動で胸がいっぱいに。何回見ても、やっぱり、一年に一度の自然の造形美には、脱帽!!!   さくらの花に日本人の心
の奥底にある感情を重ね合わせて、表現するのも納得できるのです。  しかし、84歳の母は、年々体力がおちてきており、あと、何回この桜がいっしょに見れるのかと思うと、感慨いとしおでしたわ。

8ちゃん | URL | 2013/03/25(月) 11:32 [編集]
千葉のおばちゃん
まいど

なかなか、コメントが出来へんボロブログやから、ゴメンな。
「大阪惨業大愕」の記事のとこも、コメ辺してんけど、届いてないかも知れんな。

母上様と今年も、千鳥が渕へ行けてよかったな~。
>花弁の数ほど似の数が…
⇒ウマイ!
想像を絶する人出やったんやろね。
それでも母上様は、この行幸を楽しみにされておられたに違いないから、元気になられたとおもうで。
春の花はこれから、次々と咲いていくから、家の近所の違う種類の花も見に行くんやで。
ワシは、桜も大好きやけど、沈丁花も好きやねん。
あの花の香りは間違いなく、春の香りやわ。
四季それぞれに花が咲く、日本に生まれた幸せをもっと感じて、生きて行きたいもんやね。

今日は寒いから、暖かくしてるんやで。
いつもありがとね。




千尋ちゃん
まいど

>小さな胸を痛めながら…。
⇒その箇所は、痛めても湿布とかしたら、ヒリヒリするから、やめときや(笑)。

画面を気に入ってくれて、嬉しいわ。
よう見たら、結構、めでたい図柄やし…。

>桜の花が満開になったら、本当に西の丸庭園に出かけたくなりそうな気分です。
⇒そうやねん。
西の丸は、太閤はんがつくった大阪城の元居住区やから、江戸城で言うたら、大奥(東御苑)やねん。
桜の樹の数も多いし、手入れも出来てるから、大阪市内では有数の花見ポイントやで。

>でも桜がさいたら、いつもの桜に会いに出かけようと思っています。
⇒「いつもの桜」って、エエ言葉やね。
毎年見る、いつもの桜が、いつものようにそこにあることが、実は一番幸せなんかも知れんな。
ワシのブログに来てくれる人の中にも、今、病気と闘ってる人が何人かおるねん。
「がんばれ!」「まけるな!」って、心で叫ぶしか応援できへんけど、ワシは、いつもそんな人のことを忘れんといることが大事やと思うてる。

来年は、そんな人も一緒に西の丸庭園の桜をみたいな。

いつもありがとね。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。