FC2ブログ
8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/01/16(水)   CATEGORY: 未分類
大気汚染を買う日本(2)

毒舌日記 ブログランキングへ

中国の環境汚染は、想像を絶する状況となっている。
中国の、湖南省、雲南省、貴州省、広東省などを中心に、クロム、鉛、水銀、ヒ素、カドミウムなどの重金属が、工場から何の規制もなく垂れ流されていることで、川や土壌、空気の汚染が広がり、陸も空もそして海もその汚染被害が深刻化しているのだ。

この主な汚染源は、重金属を使う金属、化学、鉱山、皮革、電池などの国営企業であるが、これらの重金属産業は、、工業製品に欠かせない原料であり、中国の急激な成長を支えてきたものばかりであるから、中国当局もこれを規制することは決して行なわないのだ。

このため、中国全土で奇形児の出産が相次いでいる。
上海市人民政府と中国科学院の共催フォーラムの調査によれば、中国での新生児の5%以上が障害児または奇形児であるとい調査結果がある。
中国当局がこの奇形児に対して実施した保証は、申告期限を3ヶ月として、申告した者に、被害を受けた子供1人あたり月額200元(約2800円)の現金支給と、毎日、玉子1個と牛乳1本、ビタミン剤などを配っただけなのである。
この支援はごく一部の中国国民にしか知らされなかったため、その対象となったのは、ごく少数である。

そして、このような劣悪な環境下で栽培された野菜などの食品が大量に日本に輸出されている現状を考えれば、この恐ろしい常態は、決して海の向こうの話でないのだ。

中国の環境汚染の中でも、その原因の中心は、石炭である。

中国全土の産業に使用するエネルギーは、その70%が石炭である。
これは、中国において石炭が潤沢に採掘されることから、価格が安価で全土に広がる炭鉱からの流通の利便性によるものである。
ちなみに、エネルギー換算で、1万キロカロリーあたりの費用についてみると、原油が75円であるのに対し、石炭だと12円で済むのだ。

中国がどれくらいの石炭を使用しているのかというと、少しデータは古いが、IEA(国際エネルギー機関)の2008年の調査では、中国は、毎年全世界の石炭需要の40%である27億トンを使用しているのである。
そして、全産業の70%が石炭をエネルギーとしている中、特に、中国の電力産業の大手5社は、エネルギーの80%を石炭に依存しており、この数値は最新ではもっと上昇しているものと思われる。
さらに、石油消費量においても中国は、2003年に日本の石油消費量を抜き、アメリカについで世界第2位である。

問題はこの石炭をどのように使用しているかだ。

元々、石炭は炭素濃度が高いから、石油のようの燃焼後に二酸化炭素と水に分離されるのではなく、大半が二酸化炭素になる。
これだけでも、温暖化ガスの発生比率が高いのだが、それに加えて、中国は自国の石炭については、輸出用とするものもあるため、電力業界などは、年間1億トンの石炭を海外から輸入しているのだ。
輸入先は、インドネシアやベトナムだ。
ところが、インドネシアやベトナムの石炭は、品質が極めて低い亜瀝青炭が主力で、この石炭は不純物の割合が多いため、煤煙等の中に硫黄酸化物や窒素成分が大量に含まれるのだ。

「何故、こんな粗悪な石炭を輸入するのだ。」
間違っても、中国人にこんな質問をしてはいけない。
答えは明白で価格が安いからである。
彼らは、利益のことしか考えない人種であることを忘れてはいけない。
品質や環境問題といった単語は、彼らの辞書にはないのである。

しかも、これら粗悪な石炭から発生する有害煤煙について、日本のように湿式石灰石-石膏法による脱硫装置や、窒素酸化物を完全燃焼させるための排煙脱硝装置の稼動といった環境維持装置など全くつけられないまま、大気中に垂れ流されているのだ。
中国という国には、排出基準などという経済成長を邪魔する基準など存在しないのだから…。

この結果、中国の二酸化炭素など、年間の温暖化ガスの排出量は世界第一位の68億トンである。
この数字は日本の温暖化ガスの排出量ぼ6倍以上という、とんでもない数字なのだが、中国の主張は、「人口1人あたりの排出量では世界で18番目だから問題ない。」というものだ。
13億人も人間がいれば、何をやって国民1人あたりの数字は低くなるのは当たり前だ。
これほど、自己中心的なものの考えをする民族は、銀河系どころか全宇宙を探しても中国人くらいしかいないだろう。

京都議定書に参加して温室効果ガスの削減義務を負うEUや日本など先進国が排出量削減に努力しているのに、中国は削減義務を負わないらしい。
中国は、インド、ブラジル、南アフリカなどとともに発展途上国だという主張で、彼らは温暖化ガスの排出量を増やし続けている。

中国という国は、国連安保理の常任理事国としてイランやシリアへの国連軍による調停や制裁措置には世界のリーダーを気取って拒否権を発動するのに、温暖化ガス規制のような国際的な義務に関しては、自分は発展途上国であると主張して、その恩恵を得ようとする。
そんな節度のない国なのである。


いかん、あまりにも、話が長くなってきたのでこの続きは次回へ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。