FC2ブログ
8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/04(水)   CATEGORY: 未分類
原発汚染水の話

東京電力福島第一原発の汚染水が大変なことになっている。
汚染水を貯蔵しているタンクから既に300トンの高濃度の放射能を含む汚染水が漏れており、この一部が海に流れ出ているのだ。

東京電力は、汚染水の流出について、震災直後から指摘されていたのに、「予算がない」などと言って、地下に壁を作る工事などをしてこなかったし、汚染水の流出自体、最近になってやっと、(渋々)認めたのである。
こんな東電に対して、福島県の住民が東電を刑事告発しているが当然だろう。

政府は今月9月3日になって、やっと原子炉周辺の土を凍らせて地下水を遮断する対策などに国の予算470億円を投入すると発表した。
その理由は、「責任の所在が何処にあるのかという議論は先で行なうとしても、迅速に行なうべきことに国費を投入した。」と言っている。

アホか。

そんな当然のことを、事故発生から2年6ヶ月も放置しておいた理由の方を説明せんかい!

ところで、福島の汚染水問題は分かっているようで、その内容は、ぼんやりとしか、分からないのではないだろうか。

簡単に説明すると、この汚染水問題は、際限なく増え続ける汚染水の量(地下貯水槽を含めて現時点で43万トン⇒ドラム缶215万本)と、それを処理する方法がないまま、エエ加減な貯蔵を行なっていることに尽きるのである。


汚染水は、何故できるのかというと、地震や津波で原子炉が壊れて、核燃料が溶け出して、放射能で溢れているものを冷却するための水が汚染されたものや、原子炉付近や建屋周辺の洗浄や工事により汚染された水が発生することもあるが、最大の理由は地下水が原子炉付近の汚染水と混ざることである。

こうして出来た汚染水は、科学的に放射性物質をなくすことが出来れば問題ないのだが、現在のどの技術でも、これを全部除去することは出来ないのだ。
多核種除去設備(ALPS)という汚染水から62種類の放射性物質を取り除く装置も試験的に使用しているが、処理のスピードが遅く、効果が限定的であることに加え、この装置では放射性物質であるトリチウムは除去できないことが分かっている。

汚染水を完全に浄化できないのだから、汚染水はどんどん増えていく。
そして、それら全部を汲み上げることは出来ないから、一部は地下水脈に合流して、市街地や海に流れ出していく。
この地下水脈を通る汚染地下水については管理が難しいうえに、事故直後に地下水の遮断壁を作れという政府の指示を、東電が「予算がない」として無視したことから、現在までのに大量(推定毎日400トン)の汚染地下水が、地下水脈を通って、市街地の地下や海に向かって流れ出ている可能性が高い。

タンクに汲みだした汚染水も、普通の水に変える技術はないので、しかたがないから、浄化と言う問題を先送りして、とりあえずタンクに溜めておこうということになっている。
これを溜めるタンクは約1000基で、溜めることのできる量は39万トンだ。
現在までに、33万トンが埋まっているが、汚染水は毎日増え続けるので、増設を繰り返すことになるが、設置場所の問題も含め、その限界は近い。

そして、このタンクからも汚染水が漏れているのである。

福島原発の西側に並べられたこれらのタンクは、何も、原発汚染水を溜めるために特注されたものではない。
「原発は安全だ。」と言い続けた電力会社や政府が、原発事故を想定して、汚染水用のタンクを事前に作っているはずがないのだ。

このタンクは、東京機材工業という東京都中央区にある建設機械や機材の販売やレンタルをする会社が作っているタンクだ。
1基が、直径12メートル、高さ10.6メートルで、容量が1200トンという大きなタンクは、元々は防火用の水槽タンクであったり、トンネル工事やダム工事で出た泥水の貯蔵用タンクとして作られたタンクだ。

したがって、外部との完全な遮蔽が求められる放射性物質を含んだ汚染水がこのタンクに入っているのは、まさに「場当たり的対応」なのである。
だから、このタンクから汚染水が漏れ出したとしても、それは十分想定できる範囲の話である。

震災直後で、スピードが優先される時期には、既存のこうしたタンクでも仕方ないが、震災から2年6ヶ月も経過した現時点においても、汚染水に対応できる専用タンクになっていないのは、重大な怠慢としか言いようがない。

東京機材工業にとっては、まさに、震災特需である。
震災直後におけるこのタンクの在庫は、3万トン分しかなかったが、工場をフル稼働させて、たった1年間で39万トン分のタンクを作ったのだ。
つまり、既存の防火用やトンネル工事などの汚泥水を溜める仕様のままで、タンクを作り続けたわけで、そこには放射能物質の遮蔽のための工夫や改良はなかったのである。
この会社は非上場なので、決算などのIR情報は開示されていないが、今、日本で最高の利益を上げているのだろう。

結果、タンクからは、既に300トン(正確な数字もっと増える可能性がある)の高濃度汚染水が漏れ出しているのだ。


このように必要な対策をしないで、2年6ヶ月と言う長い時間が過ぎ、今、汚染水の海洋流出が、世界規模での放射能汚染への恐怖に移行しようとしている。
現場で事故処理に従事している東電職員や工事関係者などは、心身ともに疲弊しており、彼らの限界も近いだろう。
抜本的な汚染浄化を研究している間に、汚染水漏れの原因究明、地下水脈の遮断や高遮蔽性汚染水タンクの開発・設置など喫緊の課題に残された時間はあまり多くはないのだ。

原発事故直後の2011年3月に、アメリカから外交筋を通して、原発事故処理の技術支援の申し入れがあった。
しかし、日本政府はこの申し出を断っている。
正確な理由は不明だが、原発事故処理がアメリカ主導になることを当時の日本側が嫌ったとの見方が強い。

何を言っているのか。

アメリカも、フランスも、ドイツも関係ない。
原発事故は地球規模での危機だ。
世界中の英知を結集して、処理に当たらなければならないことぐらいアホでも分かるだろう。

二度も原子爆弾による殺戮に遭い、三度目は原発の事故の悲惨さを体験した日本国が、そして、福島原発の事故が起こっても、汚染水を汲み出して、タンクに詰め続けることしか出来ない日本国が、その原発を世界中に販売することに躍起になっている構図を、世界の人たちはどのように見ているのだろうか。



毒舌日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

千尋 | URL | 2013/09/06(金) 03:47 [編集]
8ちゃん、先日は素敵な言葉を有難うございました。
本当にあんな力があったらな~と思いますが、心の栄養剤としてありがたくいただくことにします。

パソコンやスマホで、画像や文字だけでなく「心」もちゃんと送れることに、確信がもてたとの言葉を聞いてホットしました。
私はいつも8ちゃんの想いを充分受け取っているけれど…一方的にもらっているだけなので、8ちゃんが疲れてしまっているのではと気になっていました。

今回の記事も、最近とても気になっていることでしたが、8ちゃんのお陰で、どのような状況なのか、良くわかりました。
本当に地球規模の危機感を持って対処しなければならないことなのに…そんな状況で2年半もの間放置していたのかと思うと、暗澹たる思いになります。

>二度も原始爆弾による~~最後までの記事を読みながら、本当に世界の人達はどんな想いで日本を見ているのだろうと思うと情けなくなります。
8ちゃんの渾身の記事を読みながら、大切なものを失わないために、今できることは何かを考えてみたいと思います。


暑い暑いと言っていた夏も、もうすぐ終わりです。
8ちゃん、週末は心も身体もゆっくりと過ごして、ブログはボチボチでも良いので、なが~く続けてくださいね。
8ちゃんのブログを老後の大きな楽しみとしているので、宜しくお願いします。


8ちゃん | URL | 2013/09/06(金) 10:23 [編集]
千尋ちゃん
まいど

大丈夫。
千尋ちゃんの言葉には、確かに時間を止める「柔らかさ」みたいなもんがあるわ。
ワシは、それを栄養剤にして、こころと肝臓鍛えて、酒飲みに…。

誰のものでもない海や空は世界中に繋がってるし、ひとも世界中を行きかうこの地球で、核被害は地球そのものを破壊するということをもっと認識してほしいわ。
誰のものでもない、公園のサルビアに重油を撒き散らしてるのと同じやん。

暑い夏は過ぎたけど、太平洋高気圧と秋雨前線のせめぎ合いが続いて、豪雨や竜巻が大暴れしとるな。

それでも、彼岸花の咲く畦や土手の風景は、秋の心地よさと、夏が終わる寂しさが混じってるし、少し弱った太陽の光と、木陰との気温の落差に驚く季節やね。
まだ釣ってある風鈴の音が、ちょっと悲しげなんは、気のせいやろか。

いつもありがとね。
朝は寒いから、風邪引いたらアカンで。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。