FC2ブログ
8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/08/20(火)   CATEGORY: 未分類
山本美香さん
「戦場の子どもたちは、自分たちが大人になったとき、もう二度と戦争がおきないようにと願いながらくらしています。」
「そして、無知であることが、戦争への引き金になると知った彼らは、医者をめざし、法律家をめざし、電気、土木、農業などのエンジニア(技術者)をめざして学びつづけています。国の未来をつくるのは白分たちの世代だとわかっているからです。」

「平和な世界は、たゆまぬ努力をつづけなければ、あっという間に失われてしまいます。」

「これから先、平和な国づくりを実行していくのは、いま十代のみんなです。」
「世界は戦争ばかり、と悲観している時間はありません。」
「この瞬間にもまたひとつ、またふたつ……大切な命がうばわれているかもしれない…。」

「さあ、みんなの出番です。」

シリア内戦の取材中に殺されたジャーナリストの山本美香さんの言葉である。

山本さんがシリア北部のアレッポで殺されたのは昨年の8月20日であった。
アサド大統領の退任を求める反政府組織とこれに対抗する治安維持部隊、軍を交えたドロ沼の内戦の中、両派の対立が激化する中で、国連の停戦監視団さえもがたった4ヶ月で撤収したシリアにおいて、戦争の犠牲になっている子供や女性といった弱者の取材を続けていた山本さんは、死の直前まで、無差別に銃を乱射するシリア内戦の写真を、映像をそして記事を世界に発信し続けていた。

あれから1年。

シリア情勢は混沌の色を増し、内戦による犠牲者は、国連が確認できているだけで10万人を超えた。
コソボ紛争と呼ばれるユーゴスラビアの内戦での犠牲者が1万2千人、カダフィ大佐のリビア内戦での犠牲者数が5万人であることを考えると、この数字の恐ろしさが分かるだろう。

大資本の新聞社やテレビ局は、このシリアを含む紛争地の映像や写真がほしい。
しかし、そんな大会社の社員は決して危険な地域には取材に行かない。
死亡事故が発生すれば、会社が責任を負わされるからだ。
現地から生々しい写真や映像を送ってくるのは、いつもフリーランスの記者やカメラマンだ。

山本さんもシリアへ行く前はアフガニスタンを取材していた。
世界中の紛争のニュースは彼女のような命がけの取材から提供されているのだ。

私は、彼女の取材に触れるたびに、これは戦争の取材ではなく、「戦地の子供たちの取材」だと今も思っている。
それほど、彼女が命がけで撮影してきた写真や映像には戦禍に飲み込まれた子供たちが多く映し出されている。

傷ついて砂塗れになって表情をなくしている男の子。
親から離れて銃弾の下に立ちすくむ女の子。
そんな悲惨な状況下で一瞬見せる笑顔。

そんな山本さんの心の中には、いつもこんな言葉があった。
「現地の人たちが全力で怒りや悲しみをぶつけてくるのですから、同じ人間として心を大きく揺さぶられます。悔しかったり、悲しかったり、怒りの感情が生まれ、心の中にどんどん積もっていきます。……現場で感じる恐怖心を忘れないようにしたい。」

そして、彼女はいつもこう言っていた。
「外国人ジャーナリストが(戦地に)いることで、最悪の事態を防ぐことができる。」

ワシントンの北西地区、ペンシルベニア通りと6番ストリートの交わる場所にニュージアムという建物がある。
ニュージアムとは聞きなれない言葉だが、MUSEUM OF NEWS AND JOURNALISMという意味である。
ここには、戦争取材で命を落としたジャーナリスト2,246名の名前が刻まれている。
もちろん、山本さんもそこから、世界の平和を願うかのように微笑みかけている。

そんな山本さんが、生まれた日本はどうか。
今、日本と中国、日本と韓国の関係は戦後最悪の状況である。
そして、両国民の相互不信に便乗した国粋主義が、戦争を知らない世代に対し、危機感を増長させた「現在の攘夷論」とも言うべき戦争不可避論を浸透させつつあるのではないか。

山本さんは言う。
「戦争は突然起きるわけではないと、私はいつも言っています。必ず小さな芽があります。その芽を摘んでしまえばいいわけです。そうすれば戦争は起こらないわけですから。その芽を摘めるかどうかがすごく重要だと思います。」

山本さんの命日となった8月20日。
彼女が1歳の1968年8月20日は、民主化へと動き出そうとしたチェコスロバキアのプラハに、20万人のソ連軍兵士と5000を超える戦車が介入して、ソ連がチェコを制圧する事態となった日である。
しかし、チェコの国民は、粘り強く民主化を求め続け、それから25年をかけてプラハの春に花を咲かせるのである。

山本美香さんはもう帰らない。
でも、私たちには彼女が残した写真がある。
記事がある。
映像がある。

そして…。

彼女が伝えたかった真実がある。



毒舌日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

あき | URL | 2013/08/21(水) 20:14 [編集]
師匠こんばんは~

あれ、こっちにコメしたつもりが。。。
ナガサキにいっちまった
いつものブログでコメントエラーが出る・・・

山本さんの一周忌だからテレビでも特集
やってたね
女性目線のレポートは新鮮だったけど
銃殺された事実を考えると、やっぱり
戦地のリポートは女性が行くのは
危険すぎる。。。男性ならいいという
ものでもないけど。。。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。