8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/01/30(木)   CATEGORY: 未分類
この国はどこへ行くのか
NHKの籾井会長の就任記者会見での発言がスゴかった。

従軍慰安婦問題では、「戦争をしているどこの国にもあった。」、「今のモラルでは悪いんですよ。」、「なぜオランダに今頃まだ飾り窓があるんですか。」
特定秘密保護法については、「(国会で)通ったこと。あまりカッカする必要はない。」
尖閣、竹島に至っては、「日本の立場を国際放送で明確に発信していく、国際放送とはそういうもの。政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない。」

後日、これらの発言は撤回したらしいが、「撤回します。」と言えば消えるようなものではない。
それができるのなら、私など、消し去りたいものがヤマほどあるから、名前を「テッカイ」に変えたいくらいだ。

このおっさんの一連の発言を要約すれば、こんな感じだろうか。
「NHKは、安倍はんと一心同体やさかい、ウチが安倍はんに逆らうわけおまへんやろ。自民党はんのしやはること批判するやなんて、そんなおっとろしいこと、できまっかいな。」
「ウチもこれから先は、安部はんの広報役になって、せんどきばらしてもらいまっせー。」
「まあ、NHKが目指すもんは、日本版朝鮮中央テレビちゅうあたりでっしゃろか。中国国営中央テレビでもよろしおまんな。」

この明確な(?)経営目標を達成するため、彼はNHKを代表して決意表明したのである。

このおっさんは、ある意味正直なのだ。
普段から、こんなことを自分自身の信条としているのだろう。

ただし、このおっさんの居る場所は、場末の居酒屋ではない。
おっさんの前に集まっているのは、マメをもらいにきた鳩でもない。
おっさんの居る場所は、国民から視聴料をとっている巨大メディアの最高責任者の椅子だし、おっさんの前にいるのは、取材の記者であり、テレビカメラなのである。

NHKという組織は、実は会長が一番エライわけではない。
放送法という法律があって、規定上は、経営委員会という最高機関があって、この経営委員会の12名の委員が会長を選ぶのである。
しかし、経営委員というのは年に数回会議に出てくるだけの非常勤なので、現場の運営に直接関与することはない。
NHKを実際に運営するトップは、会長なのである。

ところが、自民党政権が発足した平成12年暮れから、12名の経営委員のうち、何と10名が交代しているのである。
経営委員は内閣総理大臣に任命権がある。
安倍政権としては、民主党政権時代のメンバーは入れ替えたかったのだろう。
そして、入れ替わった10名の経営委員のうち、少なくとも4名は安倍首相とは昵懇であり、3名は、その出身母体から安倍氏への献金がある人たちである。

そして、そのアベちゃんのお友達が会長に選出したのが、籾井勝人なのである。

勿論、過去の海老沢会長も含め、歴代NHK会長が人格的に問題がなかったかというとそうでもないのだが、今回のように公の場で堂々と公平中立を定めた放送法を否定したのは、籾井が初めてである。

私自身、籾井のその発言よりも、それが許される現在の環境が怖いのだ。
今回の籾井発言についても、社説で明確に非難したのは新聞では毎日と東京だけである。
社説は、他の記事とは違い、新聞社の公式見解である。
社説掲載の前日に論説委員が起稿したものを論説委員会で討議して、掲載を決定する。
他の記事がキャップやデスクがOKすれば記事になるのとは違うのである。

一般記事やコラムに今回の籾井発言について書かれたものは多いが、報道のあるべき姿が問われている今回、一方の報道の雄たるべき他の新聞社は、社説をもってその見解を示すべきだろう。

また、国会についても、籾井の証人としての喚問はおろか、参考人招致すら行なわないらしい。
与党圧倒的多数の中では、何をしても無力感満載のアホ野党ではあるが、このような国民の知る権利に関する追求について、ケンカをする前から負けているようでは情けない。
結果として、証人喚問や参考人招致が出来なくてもよいのだ。
自民党や公明党、一部野党が籾井発言を是認して、籾井を守る姿をとるのなら、その場面を国民に晒すことが大事なのだ。

籾井の件といい、集団的自衛権を容認するために任命された小松一郎内閣法制局長官といい、法の下に公正、公平、中立が求められるポジションの人事が政策的に行なわれる事態が続いているが、これは国家全体の相互牽制機能を崩壊させる行為だ。

この国では、何か、大きな陰謀が進行していると思えてならない。


※放送法(昭和25年5月2日法律第132号)
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当っては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


毒舌日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト
DATE: 2014/01/24(金)   CATEGORY: 未分類
冬を楽しもう
毎日寒い日が続いて、北風が頬を切り刻んでいく季節だが、せっかく四季のある日本に生まれたのだから、この寒い寒い、さむーーーい冬を楽しもうではないか。

そんなことを考えていると、同じ事を考えている人がいるようで、こんなページがあった。

http://www.din.or.jp/~honda/diary2-112.htm

そこには、まず、「冬の星座」を楽しもうとある。
自分の星占いの星座(おひつじ座)がどこにあるのかも知らない私にとっては、この空のどこを見ればよいのか見当もつかないが、空気の澄んだこの季節は、星を観るには絶好の季節だそうな。
くれぐれも風邪を引かないように気をつけて、空を眺めるのもよいのかもしれない。
流れ星なんかを見つけたら、願い事を3回唱えるとよいらしいが、ほんの数秒のことなので、今から短い願い言葉を考えておこう。
オススメは、「金、金、カネ」である。

次に暖かい食べ物が推奨されている。
確かに、アツアツの鍋を真夏につつくのは勇気がいるが、この季節は鍋料理が旨いのだ。
ビールでも焼酎でも何にでも合う鍋料理は酒飲みにはタマランものである。
私のオススメは、テッチャンやハツの入ったホルモン鍋なのだが、北九州圏や関西圏以外の人は、もっと文化的な鍋料理でよいのである。
そのほかにも、関東煮や豚まんも推奨されている。
ちなみに、関東煮はオデンとも言うらしいし、肉まんに対して、豚まんという呼称は、BMIが基準を超えたひと及び関西圏でしばしば用いられる。

「散歩」も推奨されている。
冬の散歩は寒いが、一生懸命歩けば、暖かくなるというのだ。

あたりまえだ。

冬の早朝に散歩して、冬の花や鳥の声、枯葉や霜柱、氷の張った様子を楽しめというが、これはこのブログの読者の主要年齢層を考えると、お勧めできない。
歩行中に、「ウッ!」と心臓を抑えて蹲る危険があるのだ。
あまりの厚着で散歩して、「雪だるまが動いている!」と最寄の警察に通報されても迷惑なのである。

スキージャンプ、アイスホッケー、フィギュアスケートなどの観戦も推奨されているが、私の近くで、スキージャンプはやっていないし、アイスホッケーと聞けば、冷凍されたホッケかと思ってしまうのだ。
そういえば、「おしくらまんじゅう」なんかも、最近では見かけないが、とがったメガネをかけたPTAの役員あたりから「危険だ。」とか「男女が体を押し合うのは教育上よくない。」とかなんとか、苦情でも出たのだろうか。

もちろん、冬の原点たる「コタツでみかん」というものもエントリーされている。
風呂の温かさや、温泉も魅力的だ。
毎朝、朝の布団の温もりにずっと浸っていたいと思う人も多いだろう。
そして、子供の頃は、雪が降ればみんな外で遊んだ。
大阪に稀に降る雪は、世俗の汚れを白く美しく覆い尽くしてくれる。


雪害に苦しむ人のことを忘れてはいけないのだが、冬の寒さを楽しむ余裕がほしいものである。


毒舌日記 ブログランキングへ


DATE: 2014/01/23(木)   CATEGORY: 未分類
今日のニュース
楽天のマー君こと田中将大(マサヒロ)投手が大リーグヤンキースへの移籍が決まった。
推定年棒は、7年で162億円というからスゴイ話である。

「162億円」である。
「162円置く」ではないのだ。

どこかの小さな村の年間予算並みのこの金額は、田中投手に対する期待の数値なのだろうし、1年間で23億円も外貨を稼ぐ企業も少ないだろうから、今年の貿易収支が黒字になれば間違いなくマー君の功績なのである。
田中投手なら、ヤンキースのピンストライプのユニフォームも似合うだろう。
出来れば、同じ「タテ縞」でも、我が阪神タイガースのタテ縞を着てほしかったのだが…。

それにしても田中投手については、誰に聞いても好意的な答えが返ってくるほど、評判がよい。
甲子園で投げ合った日本ハムの斉藤祐樹投手に対する嗜好が分かれるのとは大違いだ。
確かに、凛々しさはあるものの、それほどの男前でないのがよいのかもしれないし、ペラペラ饒舌でないあたりが、兵庫県伊丹市出身なのに、東北人の寡黙感満載なのがよいのかもしれない。

日本プロ野球としては、ダルビッシュに続き、「絵になるエース」の海外流出は悲しいのだが、ここは井川や松阪の二の舞にならないで大活躍するよう、日本の各種神様、仏様、アメリカの天使たちにお祈りしたくなるのだ。

このマー君のニュースが流れた翌日は、東京都知事選挙の立候補受付の日である。
マスコミ各社の予想通りの顔ぶれが並んだが、ドクター中松が、最近では高齢のためか、例のジャンピングシューズ(正式にはフライングシューズと言うらしい。小売価格20,000円)を履いていないのが寂しいし、肩書きも前回の選挙では「国際創造学者」だったのが、今回は「発明家」になっているのはどういうわけだ。

選挙戦は、舛添候補に細川候補が肉薄し、宇都宮候補や田母神候補が絡む構図といわれるが、ネットアンケートなどでは、田母神候補がダントツの支持を集めているらしい。
今回の選挙は、ある意味、各候補の特性がでており、東京都民(国民)がどのような意識を持っているのかを知るよい機会だと思う。

自民党などは、原発だけを都知事選挙の争点にするのはおかしいとかなんとか、言っているようだが、自民党が大勝した郵政民営化選挙ではその1テーマだけで、選挙に勝ったのだから、エラそうなことは言うなと言いたい。

少なくとも、原発については、細川候補と宇都宮候補が即時廃止で、核保有を明言している田母神候補は、当然原発推進である。
舛添候補はちょっと分かりにくい。
政策として発表された「原子力発電に依存しない社会の構築」というのは、「依存しないがある程度は使っていく」ということだろうか。

とにかく、対立軸のある項目で、各陣営がどれだけの支持を集めるのかということは、国民意識のサンプリングでもあるのだ。

自民党は、この選挙をとても気にしているらしい。
元々、都市部の選挙では、投票率如何では何が起こるかわからない。
自民党がヘタに候補者を擁立して負ければ、安倍自民党に対する痛手となる。
やむを得ず、自民党から除名した舛添候補を「支援」するのである。
「公認」でもなく「推薦」でもなく、「支援」するのである。
民主党にいたっては、枡添支持を決めかけていたところへ細川候補の立候補を受けて、急遽、「細川支援」にクラ替えしたのである。
民主党などに推薦されただけでその候補にとっては、マイナス要因になるのだから、細川候補も困惑しているだろう。

マー君の嬉しいニュースのあとに、生臭い選挙の話題で恐縮だが、ある意味、東京は日本の顔でもある。
出来るだけ高い投票率を期待したいものである。


毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2014/01/17(金)   CATEGORY: 未分類
「普通」という幸福
1995年1月17日午前5時46分。
6437名の尊い命を奪い、4万人を超える重軽傷者を出した阪神・淡路大震災は、19年目の同じ日を迎え、今なお3名の行方が見つからない。

この日のメディアは、この大惨事を「忘れてはいけない。」、「風化させない。」といった論調で溢れている。
東北大震災では、防災への想定概念が「予想を超えた」という安易な言葉でごまかされるなど、阪神・淡路大震災の教訓があまり生かされていなかったものの、被災者に対する支援やボランティア活動の組織化など、この阪神・淡路大震災の経験が生かされた面もあった。
私達は、経験した大惨事を明日に生かすという意味では、原発神話の崩壊とともに、決して忘れてはいけないことだろう。

しかし、一方で、愛する家族や恋人を失ったあの大惨事から立ち直れず、一刻も早く「忘れたい。」人たちも沢山いることに私達は配慮していかなければならない。
自分の記憶の中から、一刻も早く消し去りたいのに、いつまでも脳裏にこびり付く不幸な想い出もあるのだ。

そして、何よりも大事にしていきたいことは、何気ない日常が一瞬で消え去った経験をもった私達だからこそ言える、普段は感じない「普通の暮らし」という幸福が身近にあることだろう。

日本は、2014年の新しい年を迎えた。
日本の新聞は、日本経済復権の兆しを期待する記事など、明るい話題が大半を占めるが、今、このとき、世界中で20以上の地域、20億人以上の人たちが武力紛争に直面しているのだ。爆弾などのテロを含めるとその地域はさらに拡大するだろう。

南スーダンでは、19万4000人が避難民となり、その数は増え続けている。
中央アフリカ共和国にいたっては、93万5000人が自宅から避難しているが、この数は、国民全体の7人に1人なのだ。

アジアでもミャンマー西部のラカイン州南部の町サンドウェイで、住民同士が宗教上の理由から、武力衝突となっており、現在までに10万8000人が家を失っている。
フィリピンミンダナオ島やマリの紛争でも、13万人、47万人がそれぞれ避難を余儀なくされているのだ。
そして、シリア、パレスチナといった中東では、殺戮が何年も繰り返され、その他の地域でも紛争により撒き散らされた地雷の犠牲者が後を絶たない。

こんな紛争に明け暮れる地域のニュースが、日本ではあまりにも報道されない。
そして、今、私達は蛇口をひねれば、当たり前に出てくる水のような「平和」に慣れすぎてはいないだろうか。
70年前の戦争で当時の人口7100万人の4%を越える320万人を犠牲にし、その何倍もの人を怪我や後遺症で苦しめた戦争でたどり着いた「不戦の誓い」を忘れてはいないだろうか。

「風化させてはいけないもの。」が私達にはもうひとつあるはずだ。

今、日本には何かを変えようとする大きな力が蠢いているような気がする。
それは、少し前までは、密やかに囁かれていたのだが、知らない間に、その声は、囁きから大きな声に変わりつつある。

「風化させてはいけないもの。」を私達は伝えていかなければならない。

子供達を2度と戦場に送らないために、私達は何をすればよいのだろうか。

19年目の、阪神・淡路大震災に寄せて。



毒舌日記 ブログランキングへ

Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。