8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/13(金)   CATEGORY: 未分類
イグ・ノーベル賞
イグ・ノーベル賞というものがある。
何年か前に、イヌの会話を翻訳する「バウリンガル」という機会を発明した日本人が受賞したのが話題になったから、ご存知の方も多いだろう。
選考のポイントは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」なのだそうだが、日本はこの賞の常連で、ほぼ毎年受賞しており、このところの成績では、7年連続の受賞である。

今年の日本の受賞は、心臓移植を受けたマウスは平均で7日程度で死ぬが、そのマウスにオペラ「椿姫」を聴かせると、21日間も長生きした研究と、タマネギの涙を出させる成分について、既に判明している酵素のほかに、他の酵素も影響することを発見した功績に賞が授与されたのである。

何せ、この賞は実につまらない研究から、「なるほど」と感心させられるものまでバラエティーに富んでいて、とにかく楽しいのだ。
その楽しさは、毎夜繰り返される安もんの芸人を使った俗悪バラエティー番組と比べれば、月とスッポン、いや、井川 遥と小沢一郎、いやっ、石原さとみと石原慎太郎くらいの差があるのである。

過去の受賞研究で、私が気になったものの一部を紹介すると、

① イヌに寄生するノミが、ネコに寄生するノミよりも高く飛ぶことを発見した研究。
※ これは、ノミが、飛ぶまで、じーーーっと観察する必要があるため、誰もがアホらしくて、いやっ、時間がないため研究しないが、この成果が何に生かされるのか是非研究者に聞いてみたい。

② ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練して成功した研究。
※ 次回は是非、ザ・タッチとか、おすぎとピーコでお願いした。

③ 乾燥したスパゲッティを曲げると、2つに割れず、必ずそれ以上の数の破片になってしまうのは何故かということについての研究。
※ 粉々になった部分をゴミ箱にすばやく捨てて、証拠隠滅したことはないだろうか。

④ 戦争の最前線で戦闘状態にある兵士は、後方の比較的安全な地域にいる兵士と比べて便秘になりやすいという研究。
※ これは本人に聞くしかないが、前日の食事内容は影響しないのだろうか。

⑤ バターを塗ったトーストを床に落とした場合、なぜか、バターを塗った面が下になる可能性が高いことについての研究。
※ 床がベタベタになった方も多いだろう。

⑥ 名前をつけられた牛は、名無しの牛よりもたくさんの牛乳を出すことを検証する研究。
※ 名前にもよるだろう。
「あい」とか「千尋」、「なぎさ」とか「あき」はいいだろうが、「ブーブー」とか、「グレ」、「どど」は牛が怒るだろうし、「どどんぱゴンザレス」にいたっては、牛に後ろ足で蹴られる危険性もあるのだ。

そのほかにも、忙しい時に限って、何故か決まってトイレに行きたくなる理由の研究とか、円盤投げの選手は目が廻るのに、ハンマー投げの選手は目が廻らないのは何故かといったすばらしい研究に賞が与えられているのである。

私としては、数々の受賞研究の中でも、男子が、ジッパーに●●●を鋏まれたときの緊急処置についての研究が気になったが、研究結果は、先ず挟まったところに軟膏を塗り、その後に、ファスナーのスライダーをペンチで破壊するという、期待はずれのものであったことを付け加えたい。


イグ・ノーベル賞の「イグ」は、否定の冠頭語らしいので、ノーベル賞のパロディの意味合いからスタートした賞なのだろう。
しかし、多くの受賞研究は、本物のノーベル賞並みの重要性があるし、何よりも、研究=商品化=金儲けといった構図から離れているのがすばらしいではないか。

そして、毎年この賞の常連に日本人がいることは、日本もまだまだ捨てたものじゃないという気分にさせてくれるのが、嬉しいのだ。

ここは、読者の皆さんも、来年の受賞を目指して、研究テーマを考えてみてはどうだろう。


柿


毒舌日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト
DATE: 2013/09/11(水)   CATEGORY: 未分類
幸福とは
米コロンビア大学が、世界各国の国民の幸福度について調査した結果が発表された。
まったく、余計なお世話だと思うのだが、その調査によると、世界156カ国の中で一番幸福なのがデンマークで、日本は第43位だそうな。

この調査が、どんな人を対象に、どのようなアンケートで行なった調査なのかよく分からないが、上位にはユーロ圏の国が並ぶいので、幸福度の基準が欧米基準なのだろう。

日本も、43位だかといって、ガッカリする必要もないのだ。
なにせ、この調査によれば、日々緊張の連続で、ロケット砲やテロ攻撃の恐怖に晒されているイスラエルが、幸福度が世界で第11位なのだそうだから、エエ加減な調査なのかも知れない。
まあ、中国が93位という点については何となく納得できるのだが…。

この種の調査は、ほかにもいっぱいあるようで、調査対象が36カ国と少ないが、OECD(経済協力機構)の幸福度調査では、日本は36各国中21番目に幸福なのだそうだし、国民総幸福量という国民総生産と間違えそうな調査では、日本は178カ国中90位で、中国(82位)よりも不幸な国なのである。

まあ、「幸福」という言葉が、万能でないことは、大阪の「幸福銀行」が経営破綻したことや、帯広市にあったJR広尾線の「幸福駅」が広尾線の廃線に伴って廃駅となったことからも、明らかである。
この前の選挙でも幸福実現党とか何とかいう名の政党もあったようだが、名前に幸福がついていたのにもかかわらず、当選者ゼロ、供託金全額没収という見事な惨敗では説得力がないのだ。

これら幸福に関する調査では、OECDのように、住居費、所得、資産、就職率、失業率、大気汚染や水質など、客観的計数に表すことが出来る「ものさし」で幸福度を測っている調査もあるが、そのほかの調査では、心理的幸福感や、健康、教育、文化といった比較的主観的な「ものさし」を用いているのが多い。
要は、その人個人の「満足度」みたいなものだろうか。

それでも、これらの調査で1位になるのはいつもデンマークなのである。
デンマークという国が何故幸福なのかということについては、デンマークに留学中の大本綾さんのレポートが興味深い。
http://diamond.jp/articles/-/32485

彼女の分析では、デンマーク人には、誰かと(または何かと)比較して優位に立ちたいという意識が薄いのだそうだ。
「最高」にもなりたくないと言い、「十分」という言葉が好きな国民なのである。

デンマークは、冬は寒く、天候も優れない。
食事も質素だ。
冬は悪天候が続くため、新鮮な野菜を購入することが難しいので、冷凍食品に頼らざるを得ないのだ。
国民1人あたりの所得は世界第7位(日本:13位とは約8000ドルの差)であるが物価も税金も高い。
それでも、デンマーク人は、必要以上のものを望まなければ、それで「十分」という意識が子供のころから醸成されているのである。

もちろん、デンマークは、税金は高いものの、医療費は全額無料、小学校から大学まで教育費用は全額無料であるし、失業保険も4年間、現役時代の給料の90%が保証されているなど、社会保障の充実が、国民をあくせくと「金の亡者」にしないといった背景があるからという側面も見逃せない。
ここでは「金銭=幸福」という意識は他の国よりもかなり薄いのだ。

そして、デンマーク人の価値観は、間違いなく日本人とは異なる部分もある。
例えば、デンマークでは法的な「結婚」をしているものは少なく、事実婚が多数を占める。
また、デンマークの社会では、未婚か既婚かといったものさしで社会が人を判断することはない。
結婚観についても、「結婚とは他の人に見せるための表面上のことに過ぎない。」とし、「結婚のための書類やセレモニーよりも重要なのは毎日感じる愛の方」と言い切る。
結婚相手の選択も、福祉が充実しているから、経済力よりも人柄が重視されるので、失敗は少ない。

すばらしいではないか。

日本でも、最近は形にこだわらないライフスタイルが浸透しつつあるが、日本の貧弱な福祉では、金銭に執着しないわけにはいかないのが実態だろう。

こうして、デンマークの幸福感を見てくると、私達日本人の幸福感が、物欲に支配されている部分が多いことに気付く。
テレビで、金持ち芸能人の家庭不和や離婚ニュースを観て「ざまあ、みさらせ!幸せは金では買われへんねん!」といって、密かに喜んではいないだろうか。
かといって、綺麗ごとだけでは喰っていけないのも現実なのだ。

それでも、質素な食事をしていても、どこへも旅行をしなくても、健康で毎日暮らせることが、一番の幸せだと気付いてきた人も増えてきた。
特に、自分や自分の周辺に心身を患うものがいると、「なんでもないようなことが幸せだった」と気付くのである。

この機会に、「幸福」とは何か考えてみよう。
自分の周りの「幸福」を見落としていないか探してみよう。

どうせなら、「幸福」を感じて生きていきたいものである。



毒舌日記 ブログランキングへ
DATE: 2013/09/06(金)   CATEGORY: 未分類
東京オリンピック
1964年に東京オリンピックが開催されてから、49年が経過している。
1ドルが360円だった1946年という年は、森永が「ハイクラウン」という高級チョコレートを発売し、グリコも負けずと「ガーナチョコ」を出した年だ。
カルビーが「かっぱえびせん」を初めて世に送り出したのもこの年なのだ。
「週刊平凡パンチ」もこの年だし、この年はわが阪神タイガースも優勝しているのだ。

そんな1964年に開催された東京オリンピックでは、体操での遠藤幸雄や東洋の魔女といわれた女子バレーボールが金メダルを獲り、エチオピアのアベベ選手がマラソンを2連覇した大会でもあった。

そして、2020年のオリンピックの開催地を決定するIOCの総会が今、開催されており、開催地の決定は、日本時間の9月8日(日曜日)の午前5時ごろだ。

候補地は3つ。
マドリード(スペイン)、イスタンブル(トルコ)そして東京だ。
スペインは財政危機、トルコは隣国のシリア情勢、そして日本は原発事故というそれぞれのリスクをもっての争いである。

日本は、一時期、猪瀬東京都知事のイスラム蔑視発言で消えかけたが、他の候補地もそれぞれ、国内問題(スペインの失業率、トルコの反政府デモ)を抱えて、どこが開催地になるか、予想がつかないのが原状だ。

まあ、どの都市で開催されてもオリンピックの意義が変わるわけではないが、肉眼で直に世界のトップクラスの選手を見る機会はあった方がよいに決まっている。
もちろん、国民生活や震災復興を置き去りにしてのオリンピックには反対だが、祭りは人々を元気にする効果もあるのだから、やると決まれば国民全員で応援しようではないか。


東京五輪音頭



毒舌日記 ブログランキングへ


DATE: 2013/09/04(水)   CATEGORY: 未分類
原発汚染水の話

東京電力福島第一原発の汚染水が大変なことになっている。
汚染水を貯蔵しているタンクから既に300トンの高濃度の放射能を含む汚染水が漏れており、この一部が海に流れ出ているのだ。

東京電力は、汚染水の流出について、震災直後から指摘されていたのに、「予算がない」などと言って、地下に壁を作る工事などをしてこなかったし、汚染水の流出自体、最近になってやっと、(渋々)認めたのである。
こんな東電に対して、福島県の住民が東電を刑事告発しているが当然だろう。

政府は今月9月3日になって、やっと原子炉周辺の土を凍らせて地下水を遮断する対策などに国の予算470億円を投入すると発表した。
その理由は、「責任の所在が何処にあるのかという議論は先で行なうとしても、迅速に行なうべきことに国費を投入した。」と言っている。

アホか。

そんな当然のことを、事故発生から2年6ヶ月も放置しておいた理由の方を説明せんかい!

ところで、福島の汚染水問題は分かっているようで、その内容は、ぼんやりとしか、分からないのではないだろうか。

簡単に説明すると、この汚染水問題は、際限なく増え続ける汚染水の量(地下貯水槽を含めて現時点で43万トン⇒ドラム缶215万本)と、それを処理する方法がないまま、エエ加減な貯蔵を行なっていることに尽きるのである。


汚染水は、何故できるのかというと、地震や津波で原子炉が壊れて、核燃料が溶け出して、放射能で溢れているものを冷却するための水が汚染されたものや、原子炉付近や建屋周辺の洗浄や工事により汚染された水が発生することもあるが、最大の理由は地下水が原子炉付近の汚染水と混ざることである。

こうして出来た汚染水は、科学的に放射性物質をなくすことが出来れば問題ないのだが、現在のどの技術でも、これを全部除去することは出来ないのだ。
多核種除去設備(ALPS)という汚染水から62種類の放射性物質を取り除く装置も試験的に使用しているが、処理のスピードが遅く、効果が限定的であることに加え、この装置では放射性物質であるトリチウムは除去できないことが分かっている。

汚染水を完全に浄化できないのだから、汚染水はどんどん増えていく。
そして、それら全部を汲み上げることは出来ないから、一部は地下水脈に合流して、市街地や海に流れ出していく。
この地下水脈を通る汚染地下水については管理が難しいうえに、事故直後に地下水の遮断壁を作れという政府の指示を、東電が「予算がない」として無視したことから、現在までのに大量(推定毎日400トン)の汚染地下水が、地下水脈を通って、市街地の地下や海に向かって流れ出ている可能性が高い。

タンクに汲みだした汚染水も、普通の水に変える技術はないので、しかたがないから、浄化と言う問題を先送りして、とりあえずタンクに溜めておこうということになっている。
これを溜めるタンクは約1000基で、溜めることのできる量は39万トンだ。
現在までに、33万トンが埋まっているが、汚染水は毎日増え続けるので、増設を繰り返すことになるが、設置場所の問題も含め、その限界は近い。

そして、このタンクからも汚染水が漏れているのである。

福島原発の西側に並べられたこれらのタンクは、何も、原発汚染水を溜めるために特注されたものではない。
「原発は安全だ。」と言い続けた電力会社や政府が、原発事故を想定して、汚染水用のタンクを事前に作っているはずがないのだ。

このタンクは、東京機材工業という東京都中央区にある建設機械や機材の販売やレンタルをする会社が作っているタンクだ。
1基が、直径12メートル、高さ10.6メートルで、容量が1200トンという大きなタンクは、元々は防火用の水槽タンクであったり、トンネル工事やダム工事で出た泥水の貯蔵用タンクとして作られたタンクだ。

したがって、外部との完全な遮蔽が求められる放射性物質を含んだ汚染水がこのタンクに入っているのは、まさに「場当たり的対応」なのである。
だから、このタンクから汚染水が漏れ出したとしても、それは十分想定できる範囲の話である。

震災直後で、スピードが優先される時期には、既存のこうしたタンクでも仕方ないが、震災から2年6ヶ月も経過した現時点においても、汚染水に対応できる専用タンクになっていないのは、重大な怠慢としか言いようがない。

東京機材工業にとっては、まさに、震災特需である。
震災直後におけるこのタンクの在庫は、3万トン分しかなかったが、工場をフル稼働させて、たった1年間で39万トン分のタンクを作ったのだ。
つまり、既存の防火用やトンネル工事などの汚泥水を溜める仕様のままで、タンクを作り続けたわけで、そこには放射能物質の遮蔽のための工夫や改良はなかったのである。
この会社は非上場なので、決算などのIR情報は開示されていないが、今、日本で最高の利益を上げているのだろう。

結果、タンクからは、既に300トン(正確な数字もっと増える可能性がある)の高濃度汚染水が漏れ出しているのだ。


このように必要な対策をしないで、2年6ヶ月と言う長い時間が過ぎ、今、汚染水の海洋流出が、世界規模での放射能汚染への恐怖に移行しようとしている。
現場で事故処理に従事している東電職員や工事関係者などは、心身ともに疲弊しており、彼らの限界も近いだろう。
抜本的な汚染浄化を研究している間に、汚染水漏れの原因究明、地下水脈の遮断や高遮蔽性汚染水タンクの開発・設置など喫緊の課題に残された時間はあまり多くはないのだ。

原発事故直後の2011年3月に、アメリカから外交筋を通して、原発事故処理の技術支援の申し入れがあった。
しかし、日本政府はこの申し出を断っている。
正確な理由は不明だが、原発事故処理がアメリカ主導になることを当時の日本側が嫌ったとの見方が強い。

何を言っているのか。

アメリカも、フランスも、ドイツも関係ない。
原発事故は地球規模での危機だ。
世界中の英知を結集して、処理に当たらなければならないことぐらいアホでも分かるだろう。

二度も原子爆弾による殺戮に遭い、三度目は原発の事故の悲惨さを体験した日本国が、そして、福島原発の事故が起こっても、汚染水を汲み出して、タンクに詰め続けることしか出来ない日本国が、その原発を世界中に販売することに躍起になっている構図を、世界の人たちはどのように見ているのだろうか。



毒舌日記 ブログランキングへ

Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。