8ちゃんのニュースのツボ
訪問すると気分がスッキリするブログです。 いろんな出来事を正義の味方8ちゃんが独自の目線でバッサリ斬ります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/04/30(火)   CATEGORY: 未分類
消費税還元セール
消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法案

役人の考える法律の名前らしく、やたら長いこの法律が成立しそうである。
消費税を増税した際に、スーパーなどが「消費税還元」と銘打ったセールを実施することを禁止する法案で、その目的は、政府の説明では、商品を納める中小企業が、増税分を価格に上乗せできず、経営が圧迫されるような事態を避けるための措置なのだそうだ。

イオンなどの大手スーパーからは、「商売のやり方まで法律で規制するのはおかしい。」などとの反対の声も大きい。
第一、この法律の所管庁は消費者庁であり、消費者を守る立場の役人が「安売りセールをするな!」と言っているのだから、確かにおかしな話ではある。

こんな、セールの名前まで政府が法律まで作って規制するやり方は、まるで北朝鮮か中国のようなもので、自由経済の国を標榜しているのなら、こんなことに政府が口出しするものではないし、安倍内閣の基本方針である「市場原理に基づいた経済」とは小さな政府が理想の筈ではなかったのか。
さすがに、消費税還元以外のセールも禁止するとしていた最初のトーンは弱まってきて、甘利経済財政担当大臣が、「どういう価格設定するとか、いくらで売れということは申し上げてない。」などと、弁明に躍起となっているようだ。

かといって、大手スーパーや大会社が正しいのかと言うと、コイツらは前回、消費税が3%から5%に上がった97年には、自社の値引きセールのために、納入業者や下請け業者からの仕入れ価格を不当に値切るといったことを平気でやっているのだ。
そのために、多数の中小零細の下請け業者が倒産に至ったのである。

元々、下請け企業を泣かすような会社の監督は、こんな法律を作らなくても、公正取引委員会が行なっているはずである。
下請業者に対する大企業という優越的地位にある者が、 取引先に対して不当に不利益を与える行為は、独占禁止法により課徴金という罰条も設けて規制しているのだ。

消費税は、中小零細企業や小さな商店がいくら赤字でも支払わねばならない税金である。
売り上げが1050万円で、経費が1200万円の会社は150万円の赤字で、法人税はかからないが、1000万円の5%である50万円は必ず納めなければならない。
消費税が、8%になれば、80万円の支払いである。
この消費税のアップを販売価格に盛り込めば、1080万円の売り上げになるのだが、販売先の大企業が、この下請け会社に「値段は据え置け。そうでないと取引解消じゃ!」と脅せば、下請け業者は泣く泣く値段を据え置くしかないのだ。

結果、下請け業者は、赤字はそのままで、支払う消費税が50万円から80万円へと増えるのである。
まさに、イジメなのである。

こんなことをさせないのが独占禁止法の趣旨なのだが、現実には、大企業の仕返しを恐れって、中小零細企業は訴えてこない。

一方、大企業はどうか。

トヨタ自動車 2246億円
ソニー    1116億円
日産自動車   987億円
東芝      753億円
キャノン    749億円

これはこれらの会社が2011年3月期の消費税の金額である。
さすがに金額は大きいが、先ほどの中小企業の例と一番大きな違いは、この金額は、国に支払った諸費税の金額ではなく、国から受け取った消費税の金額なのだ。

なぜこんな理不尽なことが起こるのか。

消費税は、輸出をした場合は、税率が0%になるのである。
元々は、海外各国で消費税の定めが異なるため、2重課税防止の目的で作られた制度らしいのだが、非課税ではなく、税率が0%だから、申告ができるのだ。

つまり、自動車の材料の鉄板を仕入れる値段が、1050億円(消費税が50億円)で、自動車の販売価格が1200億円(消費税0%)のケースだと、消費税申告書には、受け取り消費税から支払い消費税を引いた金額が消費税額となるので、0円-50億円=マイナス50億円となって、国に支払ってもいない消費税が国から50億円もプレゼントされるのである。

連結売上げ20兆円のうち、5分の4が輸出であるトヨタ自動車などは、5年間で約1兆3000億円の消費税を国からプレゼントされているのである。

アホか。

消費税還元セールに頼るような日々の暮らしが厳しい消費者が、コツコツと消費税を支払っている一方で、大企業が国から巨額の消費税を受け取って、ヌクヌクしている。
消費税率が上がれば、こんな大企業の還付税(戻し税)の金額が増えるのである。

来年の消費税率アップには、便乗値上げも出てくるだろう。
消費税が支払えずに倒産する町工場も多いだろう。
消費者も、中小零細企業も、結局は痛い目に遭うのは弱者なのである。

政治家のアホどもは、消費税還元セールの言葉で遊んでいる前に、やるべきことがあるはずだ。
野党も、国会で寝てないで、こんな理不尽な状況について、何故質問しないのか。


これ↓をアホな政治家のドタマやと思うて、ブチッっと!

毒舌日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
DATE: 2013/04/25(木)   CATEGORY: 未分類
医療のあり方

毒舌日記 ブログランキングへ


神戸大学病院は、兵庫県では有数の設備を誇る病院である。
正式名称は、神戸大学医学部付属病院であり、iPS細胞の研究により、一躍有名になり、ノーベル賞まで受賞した山中伸弥教授の母校である神戸大学医学部の付属病院なのである。

この神戸大学病院が大変なことになっているのだ。

神戸大学病院は、神戸市内で1年間に発生する救急患者約6万人のうち、1割以上の6600人を受け入れていたというから、まさに、地域にとって基幹的な救急病院なのだが、その救急搬送患者の受け入れが出来ない状態になっているのだ。

今年3月の教授会で他大学の医師が新たな救急部(救急搬送患者を取り扱う部署)の教授(救急部部長)に決まった直後から、医師が次々と辞表を提出して、救急部の9名の医師のうち6名が退職するという事態となり、診療を行なうべき医者が不在となっているのだ。

他の大学から赴任した新教授(救急部部長)の提唱する救命救急室(ER)型の医療システム(救急部が患者を専門医に振り分ける方式)が気に入らないというのが公式の理由らしいが、実態は、医学部内の覇権抗争のようである。
恐らくは、浪速病院を舞台にした「白い巨塔」のようなドロ試合が行なわれていたのだろうか。

神戸大病院は災害拠点病院でもあり、阪神大震災を受けて「災害救急・医学講座」を発足させ、新潟県中越地震や東日本大震災など大災害に医療救援チームを派遣するなど、災害医療の先進的な取り組みで知られる
その地域医療の期待の星ともいえる病院が、救急患者を受け入れることが出来なくなっているのだ。

こいつらは、何か勘違いをしている。

確かに、大学における教授の地位は、研究費の扶助といった金銭的なものだけでなく、名誉そして人事権権限なども含めた大きな魅力だろう。
そのための学内抗争があることも知っている。
しかし、病院、特に救急患者を扱う病院は、大学のものでもないし、医者のためのものでもない。
病院は、市民のための重要な社会インフラなのだ。

ただし、病院側だけを責めるわけにもいかないだろう。

救急搬送患者に対応する各病院の救急部の医師が過酷な勤務実態であることも問題だ。
救急部の医師は、救急対応した後、患者を専門部署に廻すことが多いため、通常の勤務医よりもローテーションが守られやすいのだが、絶対的な医師不足は覆いようがなく、救急の現場では、睡眠も食事も満足に摂れない場合があるし、夜勤の後に続けて日勤があるようなケースも珍しくない。
研修医の過酷な勤務実態が国会で質問されたことがあったが、講師や助手になっても、医療の現場は殺人的な忙しさだ。

過去にも、近畿大学医学部付属病院では、1年間に10名の医師が退職した例もあるし、鳥取大学医学部付属病院でも救急専門医4人全員が、心身の疲労等を訴え「救急現場の窮状を知ってほしい」として、2009年3月末に一斉退職している。

このように、救急病院を取り巻く状況には、厳しいものがある。
その一方で、老人相手に毎回のように大量の薬剤を出して、医療費を高騰させた挙句、ベンツやジャガーを乗り回す医師がいる。
そして、輸血設備(救急指定要件)などをわざと設置しないことで、救急病院の指定を拒んで、ゴルフ三昧に浸る金の亡者、金満病院のような下司な輩も多いのだ。

また、医者の数自体は増えているものの、産婦人科や小児科は減少が著しい。
産婦人科や小児科の医師が減った理由は、①子供の急患など、深夜も含め勤務が超長時間となること②患者である子供の親などからの医療過誤を理由とした訴訟が多いこと③このようにリスクがあるのに給料が安いことなどが理由である。

産婦人科医や小児科医の給料が安い理由は、妊婦や子供には投薬の量が限られているため、病院の売り上げの大半を占める薬剤料が稼げないからである。
ちなみに、内科は小児科の薬剤料の平均5倍の金額を得ているのである。
また、一部を除いて、優秀な外科医が育っていないことも事実だ。

今一番儲かるのは美容整形医なのだそうだ。
美容外科の来訪者を患者と呼ぶのかどうかは知らないが、その数は年々激しい勢いで増加しているし、美容整形は、病気ではないから保健医療の制約(国が料金を決める)ではなく、すべて自由診療だ。
つまり、医者の言い値で金額が決まるのである。

こんな現実がありながら、政治は何をしてきたか。

奴ら政治家の頭の中には、保険医療費の高騰をいかに抑えるかと言うことしかないのだ。
医療費の財政負担を減らすために、大学医学部の定員を削って、医師の数を減そうとしたり、診療に関する個人負担を増やしたり、健康保険の掛け金を上げることしか彼らはしてこなかった。
そして、その一方では選挙での票田となる医師会の顔色を窺って、医師優遇税制などは手をつける気配がない。

小泉純一郎政権以降、社会のあらゆる分野に市場原理と呼ばれるのもが蔓延してきた。
医療の分野においても、市場原理という名のもとに、儲け主義が大手を切って国中を席巻し、金になる診療科目だけが増えてきている。

救急患者を含めた国民が泣く時代が来るのだろうか。

今、本当に大事なのは、病気になってからの医療費をケチるのではなく、病気にならない健康体を維持するための方策である。
非正規雇用労働者や専業主婦を中心に、健康診断を受けていない国民が相当数いる現実がある。
病気の早期発見は、治療上の優位性だけでなく、結果的に医療費の抑制にも繋がる話である。

風疹の予防接種を有料でしか実施しない国に、あまり期待は出来そうにもないが…。

健康な身体作りのためのトレーニング↓ポチッ!

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/20(土)   CATEGORY: 未分類
6各国本音会議(4)

毒舌日記 ブログランキングへ

8ちゃん「結局は、ネクラブタも、何か口実見つけたら、ミサイル止めるんやな。」

金正恩「うん。」

オバマ「かと言うて、ワシとこも共和党を中心に強硬論が強いわ。ボストンマラソンのテロ事件も悪いタイミングやったし…。あれ、まさか、ネクラブタの手下とちゃうやろな!」

金正恩「ウチ、圧力釜買う金ないもん。」

プーチン「やっぱり、夢枕…。」

朴槿恵「ネクラブタはミサイル撃ったちゅうて、発表して、ウチらは、阻止したちゅう発表したらエエんとちゃうん。」

習近平「そんなんバレバレやんか。今までどおり、ミサイル撃ったけど気象観測ロケットにしといたらどうやねん。」

安倍晋三「ボクちゃんとしては、来年の防衛予算増やしたり、憲法改正になるまで、この緊張感、長いこと引っ張って貰ろてもエエんやけど…。」

オバマ「その折にはF35とか、イージス艦とかも、ぎょうさん買うてや。」

金正恩「結局、燃料とか食料の支援とか、制裁の緩和とかはないんかいな。」

習近平「ウチも国民から北朝鮮への支援に反対する声も大きいねん。かと言うて、ウチの本来の目的は、北朝鮮を足がかりにして、朝鮮半島を領土化して、ウランとかの地下資源を独占することやし…。」
「しかも、北朝鮮がウチの領土になったら、日本海も制圧できるよってん、楽しみやけど、今、北朝鮮が急に潰れたら、難民がワッサ、ワッサと中国へなだれ込んで来るのも困るし…。」

朴槿恵「何やと!中国はウチの国も狙ろとるんかいな。ええかげんにさらせ!」
「そりゃ、確かに、ウチとこも景気とかエエように見えるけど、エエのはサムソンと現代自動車とPOSCOくらいやから、南北統一は建前上、言い続けてるけど、2000万人近い貧乏人を食わすほどの余裕ないわ。」

安倍晋三「まさか、海わたってボクちゃんの国へ来るヤツおらんやろー。まあ、念のため、国土強靭化計画で、万里の堤防みたいなもん作っといたろかな。」

プーチン「ウチにも地下資源、掘らしてくれたら、1万人くらい、採掘現場で雇用したってもエエで。」

8ちゃん「アンタら、結局、自分とこのことしか考えてないねんな。ほんで、結局、どないするねん。」

オバマ「5月7日米韓大統領会談で、おばはんがウチに来るやんか。」

朴槿恵「おばはんって言うな!それに米韓やのうて、韓米やろ!」

オバマ「どっちでもエエけど、その大統領会談で六カ国協議の再開を条件に、何んか人道的支援策とか、チラつかせて、ネクラブタが渋々それに応じるみたいな決着ちゅうことで、どや?」

安倍晋三「ボクちゃんは、いつでもアメリカの意見に賛成。」

金正恩「人道的支援って、何くれるねん。」

オバマ「人道ちゅう単語知らんくせに、エラそうに聞くな!まあ、適当に考えとくわ。」

習近平「ウチの立場はどないなるねん。」

プーチン「ウチと共同で、国連安保理で、制裁の一部解除とかやるか。」

習近平「そやな。ウチとロシアが制裁解除主張して、アメリカその他が反対して、最後はわけの分からん玉虫色の声明文とか出す、いつものパターンやな。」

8ちゃん「時間もないから、今日はこれくらいにしといたるけど、アンタらが世界のリーダーやと思うたら、情けのうなってくるわ。」
「とりあえず、ミサイルは発射なしということで、エエな。」

全員「うん。」


こうして、6各国本音会議は、なんのことやら分からんまま、閉会したのである。
なお、巷では「六カ国協議」というのがあるらしいが、今回の会議は、各国の連携など全くない、ワガママな主張の応酬が予想されたため、「6各国会議」なのである。

有意義だったと思ったひとも、しょーむななったという人も↓ここはポチっと…。

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/19(金)   CATEGORY: 未分類
6各国本音会議(3)

毒舌日記 ブログランキングへ


8ちゃん「それで、ネクラブタとしては、何がミサイル辞める条件やねん。」

金正恩「ネクラブタ言うな!」

金正恩「本音で言うと、食いもんや燃料が不足どころか、底ついとるから、何とかしてほしいねんけど、そんなケチな要求したら、笑いもんになるやん。」
「そんで、とりあえず、国連の制裁解除と、米韓合同軍事演習の中止やな。それにB2爆撃機みたいな物騒なもんは撤退してほしいわ。」

オバマ「こらっ!ネクラブタ!なに寝言言うとるねん!」

オバマ「この前も、その前も、核開発やめるちゅうから、ぎょうさん支援したったのに、もう、アンタの一族の言うこと信じられへんわ。」

金正恩「ちゃうがな、建前やって言うとるやん。こんな要求通ると思てへんもん。それに米韓演習なんか、4月30日に終わるねんさかい、何とかなると思うねん。」

習近平「まあ、ネクラブタもいったん挙げた手をおろすのに、それなりのカッコつけんと、なんぼアホな国民でも黙っとらんやろ。」

金正恩「そうやねん。ハデに宣伝したから、今さら止めたって、言われへんし…。」

安倍晋三「アホじゃ。お前のとーさん、シークレットシューズ。」

金正恩「とうちゃんの悪口言うたら、日本中のパチンコ屋、一斉休業にすんぞ!」

朴槿恵「ほんで、ウチにも何か要求する気かいな。」

金正恩「なんぼ、ワシが熟女好きでも、おばはんを喜び組に入るのには無理がありそうやし…。」

朴槿恵「殺すぞ…。」

オバマ「ワシ、ちょっと好きなタイプやで。」

8ちゃん「話を横道にそらすな!」

習近平「ここはネクラブタにもアメリカにも顔が立つ方法を考えんとイカンのやが、最終的には中国がまとめたということにしてほしいねん。」

プーチン「アンタ、この場に及んで点数稼ぎかいな。」

習近平「ウチの国かて、所得格差が広がって国民が不満言いよるし、行政汚職と大気汚染もエライことになっとるねん。ここらで一発、エエとこ見せんと、国民が爆発しよるわ。」

朴槿恵「アンタがしっかり政治せえへんよってんやんか。」

習近平「江沢民と胡錦濤が仲悪いから、何かしよと思ても、どっちかが邪魔しよるねん。日本とも貿易盛んにして儲けたいのが本音なんやけど、鬼畜日本みたいなキャンペーン続けやな、こっちに矛先が向いてきよるねん。」

安倍晋三「その点、ボクちゃんとこは選挙で大勝したし、民主党も離党続きで消滅寸前やし余裕やわ。」

オバマ「維新の会はどんなんやねん。」

安倍晋三「憲法改正とか、ほとんど政策は一緒なんやけど、なんか、維新ブームも去った感じやで。このあいだの伊丹とか宝塚の市長選挙なんか、維新の候補者ボロボロに負けとったもん。」

朴槿恵「橋下みたいなん、何で人気あるんやろ。気短いし、足短いし…。ウチの大阪の親戚のおばちゃんも熱心なファンらしいけど、維新の会の政策とか聞いても、知らんって言うとったわ。」

8ちゃん「アンタら、話をそらすな!ほんで、どんな決着にするねん。」

オバマ「4月30日に米韓合同軍事演習が終わるやんか。そのタイミングで、ネクラブタが自分の力で、演習を止めたとか、何とか言うて、ミサイル止めるのはどや。」

金正恩「それ、あっちこっちの評論家が言うとるから、バレバレちゃうん。」

8ちゃん「おっ!ネクラブタって言われても怒らへんのやな。」

金正恩「慣れてきたし、アキバ系やから、ちょっと気に入ってるし…。」

プーチン「金日成おじいさまが、夢枕に立って、ミサイルやめとけというお告げがあった。ちゅうのはどや。」

朴槿恵「ハゲの考えはそんなもんか。」

プーチン「ハゲって言うな!アンタもホンマはレディース・アートネーチャーお試しセットとか使こてるんと違うんかい!」

朴槿恵「ふんっ!ウチは、フォンテーヌのウィッグやし…。」

次回、いよいよ最終決着へ…いくかどうかは、ポチ↓次第

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/18(木)   CATEGORY: 未分類
6各国本音会議(2)

毒舌日記 ブログランキングへ

朴槿恵「アンタら国が離れてるから、気楽なもんやけど、ウチとこはこのアホのネクラブタの隣やで。心配で、最近は化粧の乗りも悪なったわ。」

プーチン「たいした顔でもないくせに…。」

朴槿恵「こらっ!ハゲ!しょーもないこと言うとったら、鼻にキムチ詰めるで。」

金正恩「おばはんこそ、ネクラブタ言うな!」

オバマ「だいたい、ワシとこのケリーが一生懸命走り回って、ちょっと光が見えたけたと思たら、おばはんとこの右翼団体がネクラブタの写真焼いたりするから、また揉めだしたやんけ。」

安部晋三「オバマはん、何でケリーのおっさんは、ウチより先に中国行ってん。同盟国に先に着て相談してから行くのが筋ちゅうもんでっしゃろ。」

習近平「安倍ちゃん、甘いで。オバマはんがホンマに大事に思うてるのは、ウチやで。落ち目の日本なんか、貿易でも何でも賞味期限切れやんか。」

安倍晋三「うるさいわ!アンタとここそ、ウチのことバカにして、最近は尖閣の周りに軍艦とかチョロチョロ走らせとるし…。ワテらには、安保条約があるねんぞ!オバマはん、中華饅頭の出来損ないが、あんなん言いよるねん。ここらで何か、バシーっと言うたってんか。」

オバマ「確かに、中華饅頭の方が魅力あるし…。尖閣で何かあっても、13億人と戦争したら、イラクやアフガンどころやないし、まあ、面倒くさいから、尖閣問題は適当に現状維持しといてんか。」

朴槿恵「そのとおりじゃ!実効支配は触れたらあかんタブーなんじゃ。ドクトも戦後のドサクサにまみれて手に入れたけど、先に抑えた方が勝ちなんじゃ!」

8ちゃん「内輪もめは、それくらいにして、結局、ネクラブタはミサイル、ホンマに撃つ気あるんかいな。」

金正恩「またネクラブタって言いよった。撃つわい!撃つたるわい!最近は、NHKのニュースでも、ミサイルのことあんまり取り上げんようになってきて影薄いし…。朝鮮中央テレビのクソババも引退させて、若いのに代えたのに…。」

金正恩「こうなったら、核弾頭の試作品つけて10発くらい撃ったろかいな。」

オバマ「そんなことさらしてみい。無慈悲な仕返したるさかいな。」

習近平「そうじゃ!そうじゃ!核兵器持てるのは安保常任理事国だけやねんぞ!」

金正恩「何で、おまえらだけが核兵器持てるねん!おかしいやろ!」

オバマ「戦争に勝った方はエエようにルール決めれるねん。」

安倍晋三「ボクちゃんも、核兵器持ちたい。」

プーチン「アホか。原発の使用済核燃料も管理できへん国が核兵器もってどないするねん。」

プーチン「安倍ちゃん、それより、ウチの天然ガス買わへんか。今やったら、2割引にしとくわ。北方2島もつけてもエエし…。」

オバマ「なに言い出すねん。安倍ちゃんはウチのシェールガス買うことになっとるし、TPPもウチの言いなりの条件で参加してくれるんや。」

習近平「安倍ちゃん、悪いこと言わんさかい、TPPみたいなもん、辞めときや。アンタとこ、アメリカと対等に交渉なんか出来へんやんか。」

プーチン「あんなもんに、騙される安倍ちゃんの頭は(T)とことん(P)パー(P)プリンやな。」

金正恩「ウマイ!ざぶとん10枚!」

朴槿恵「ちょっと、アンタら!ミサイルの話はどないなってんねん!」

8ちゃん「おばはんがうるさいから、話をミサイルに戻そか。」

朴槿恵「ウチのこと、大阪のおばはんみたいに言うな!確かに大阪に親戚はぎょうさんおるけど…。」

安倍晋三「大阪といえば、橋下くん、自民党に入ってくれへんかなぁ。」


さて、この続きもアナタのポチ↓次第。

毒舌日記 ブログランキングへ
DATE: 2013/04/17(水)   CATEGORY: 未分類
6各国本音会議

毒舌日記 ブログランキングへ


北朝鮮を巡る緊張状態が続いているが、関係者による事態の収拾に向けた動きも活発化してきているようだ。

そんな中、関係6各国の名物料理をすべて食い尽くすなど、各国に太いパイプを持つ8ちゃんが、国連からの要請もないのにも拘らず、各国の首脳を招集して、事態の打開に向けた会議を開催した。

この会議では、外交上の詭弁を弄することを禁止し、本音で胸の内を晒し、率直に考えを述べ合うことで、従来の枠にとらわれない解決策を得ることとしており、世界中のメディアの感心が集まっている。

なお、会議の開催場所については、警備上の問題もあって公表されていないが、消息筋によると、国際文化都市として注目を浴びている大阪市西成区のとあるホルモン鍋屋ではないかという未確認情報があったことだけは記しておきたい。

出席者
北朝鮮総書記 金正恩
第44代アメリカ大統領 バラク・オバマ
第96代日本国内閣総理大臣 安倍晋三
第7代中華人民共和国主席 習近平
第18代大韓民国大統領 朴槿恵(パク・クネ)
第4代ロシア連邦大統領 ウラジーミル・プーチン
コーディネーター 8ちゃん

8ちゃん「今日は、本音でしゃべってや。」

オバマ「遠いとこから来たのに、何でホルモン鍋やねん!ワシ、ニラ嫌いやし…。」

安倍晋三「こんなん食べたら、ボクちゃんお腹痛くなるやん。」

8ちゃん「なに贅沢言うてるねん。木の根食っとる北朝鮮に比べたら、ご馳走やんけ。」

金正恩「北朝鮮をバカにしたら、ミサイル撃つで!」

朴槿恵「アンタとこのミサイル、ホンマに飛ぶんかいな。」

金正恩「おばはん、うるさいわ!飛ぶわ!こないだも、タミヤの模型で実験したもん。」

プーチン「元々はロシア製やから、品質は保証できまっせ。」

オバマ「どうせ、ロシアで使いもんにならん旧型を売りつけたんやろ。」

8ちゃん「まあ、まあ、ここはとりあえず飛ぶことにしとこか。」

習近平「こんな会議開かんでも、ワシとこが金君にやめとけって言うわ。」

オバマ「何、眠たいこと言うてるねん。アンタとこ、昔ほど影響力ないやんけ。」

習近平「なんやねん!ケンカ売ってるんか!」

習近平「まあ、確かに、金正日とうちゃんの時代までは、よう言うこと聞きよったけど…。こらっ!ネクラブタ!おまえ最近、ちょっとも言うこと聞かへんやんけ!なめとったら、食料とか燃料とか止めるぞ!おーっ!」

金正恩「ぼくちゃん苛めたら、とうちゃんとか、じいちゃんの遺言や言うて、ミサイル撃ったんねん。」

安倍晋三「ふんっ!うちには、迎撃用のパック3あるもんねー。」

オバマ「すまん。あれ不良品やねん。使いもんにならんよってん、売りに出してんけど、あんなもん買うかー。」

安倍晋三「オバマはん、あんたとこ、パック3、10セット、買うたら、普天間基地返すって言うたやんか。しかも、番組終了後30分以内に電話したら、もう1セット付けるって…。」

オバマ「普天間は返したるがな。ただし、2022年【またはそれ以降】ちゅうことは50年先でも、100年先でもエエちゅうこっちゃもんねー。」

この続きを書くかどうかは、↓のポチの数次第ですな。

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/16(火)   CATEGORY: 未分類
三國連太郎

毒舌日記 ブログランキングへ

三國連太郎が死んだ。
90歳である。
考えれば、息子の佐藤浩市が52歳なのだから、それくらいの歳になっていても当然なのだろうが、俳優という稼業は、我々庶民に年齢という概念を与えないらしく、概ね俳優は年齢不詳なのである。

徴兵を逃れて脱走までしたという三國自身の凄まじいまでの戦争体験から、反戦をテーマにした作品に力を入れていた三國であるから、安倍晋三首相の趣味には合わないだろうし、国民栄誉賞はなさそうである。

この三國連太郎という人間については、ひとの好き嫌いが分かれる俳優である。
熱心なファンもいれば、どうもあの重苦しい演技が苦手だと言うひともいる。
私生活での乱れを理由に毛嫌いする人もいるのである。
しかし、90歳になるまで、撮影の現場が求める俳優であったことは間違いない。

晩年の三國は、釣りバカ日誌での「明」のイメージが強いが、俳優生活を通しての個性はその彫りの深い風貌どおりに「濃」や「激」そして「執」であったように思う。
役者としてのこだわりは人一倍だったようだが、家庭人としては佐藤浩市が言うように不適格者であった。

結婚は4回を数えるが、いずれも破局を迎えている。
佐藤浩市が小学生の時に離婚したのは3人目の妻である。
それほど家庭を犠牲にするのなら、はじめから結婚などしなければ良いと思うのだが、この世代としては異例の181センチの長身と、彫りの深い顔立ち、スクリーンで魅せる激しい演技と私生活での女性への優しい接し方に、大きなギャップがあり、そんな三國に惹かれる女性も多いのも事実だ。
太地喜和子との熱愛は三國本人も認めているし、有馬稲子や釣りバカ日記の共演者であった石田えりとの関係も噂になったことがある。

しかし、三國にとって太地喜和子との愛だけは本物だったようで、後日、「今までで、惹かれた女優さんは一人だけです。太地喜和子さんだけです。」と話しているし、太地喜和子のもとを逃げ出した理由を太地本人に聞かれたときは、「あなたの身体にひれ伏すことがイヤだった。」と答えている。


佐藤浩市は、三國の死に際して涙は出なかったと答えている。
しかしその風貌には、間違いなく三國の遺伝子を見て取れるのである。


毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/12(金)   CATEGORY: 未分類
大衆演劇入門

毒舌日記 ブログランキングへ

大衆演劇をたまに観に行く。
元役者の友人もいるので、いろいろと教えてもらいながら観る芝居は、なかなか楽しい。
90分の映画が1800円もする時代に、1000円で3時間以上も楽しめるのはすばらしいことではないか。

200

大阪府府下には大阪市を中心に18の常設の芝居小屋がある。
http://0481.jp/c/p/%E5%A4%A7%E9%98%AA/

私がよく行くのは、通天閣の近くの浪速クラブだ。
何せ、入場料が安い。
通常料金も1200円と他の芝居小屋に比べて安いのだが、小屋から50メートル先の喫茶店で、いつでも1000円の前売り券を販売しているので、まともに1200円を支払って入場する客は少ない。
小屋の周りに串かつやホルモンの旨い店が多いのも私が浪速クラブへ行く理由ではある。

浪速クラブは、190席しかない大阪で一番小さな芝居小屋なのだが、全席S席だと考えればよいわけで、役者との距離も近いのが嬉しい。

さて、通常、大衆演劇は1日2公演である。
12時から15時までの昼の部と、17時から20時までの夜の部である。
ただし、普通は15分から30分くらいは公演が伸びることを頭に入れておきたい。

入場券をモギリのおばちゃんに渡して中へ入る。
どの劇場も原則は全席自由席である。
よほど良い席に座りたい時は、100円で座布団を借りると、係りのものが席を取ってくれるが、熱狂的なファンは早い段階から席取をしている(荷物を置く)から、ご期待の席に座れるとは限らない。

公演は3部構成(関東では、ミニ歌謡ショーがない2部構成もある)で、ミニ歌謡ショー(30分)⇒芝居(時代劇が多い)⇒歌謡ショーと続く。
最終のショーが終われば、役者が出口に並んで、「送り出し」という挨拶をしてくれる。

場内は酒類以外の意飲み物はOKだが、食べることは禁止なのでガマンしよう。

芝居や歌謡ショーの幕間には座長挨拶や役者グッズや前売り券の販売があるが、何も買わなくてもOKだし、役者グッズなどは高価なのである。

演目途中で、ご贔屓さんが、祝儀(「花付け」という)を渡しているが、これも気にしなくても大丈夫。
どの世界にも「追っかけ」みたいな人種はいるのだ。

役者の世界の裏話も、例の元役者の友人からいろいろと聞いているので、書きたいところだが、かなり長くなりそうなので、それは次の機会にしようと思う。

衣装や化粧で役者は化ける。
化粧載りの良い顔つきというものもあるそうだ。
照明効果もあって、大衆演劇の舞台には、俗世を離れた幻想的な世界が広がるのだ。

芝居は人情話が中心だが、喜劇も多く、その両方の要素が劇の中に入っていて、まさに「涙あり、笑いあり。」なのである。

この週末、大衆演劇はいかがだろうか。


おやっ?↓

毒舌日記 ブログランキングへ
DATE: 2013/04/11(木)   CATEGORY: 未分類
サッチャーになりたかった男

毒舌日記 ブログランキングへ

マーガレット・ヒルダ・サッチャーが死んだ。
小林幸子でもなければ、野村沙知代という下品でブサイクな、元野球選手の妻でもない。
イギリスの元首相のサッチャーである。

今年87歳のサッチャーは、晩年は認知症になって、人前に出るのを自ら拒否していたらしいが、そういえば、ここ何年かはマスコミに登場することもなく、その動向は人々の記憶から薄れつつあったのも事実だ。

サッチャーは、20世紀において最も有名な女性の一人であろう。

イギリスという保守的な国家において、女性が首相にまで登り詰めたという驚きだけでなく、新保守主義といわれる強硬な外交姿勢や、強引とも言える経済政策を続けたことで、イギリス経済を立て直したのも事実だ。

しかし一方では、教育予算の切捨てがイギリスの弱体化を加速させ、ビッグバンといわれる金融自由化などの政策が失業率の大幅な上昇を招くなど、その政策の弊害も大きい。
そのためか、イギリス国内だけでなく、世界中でサッチャーに対する評価は完全に2分されているのだ。

ただし、少なくとも、現在のデービッド・キャメロンというイギリス首相の経済政策などの政治手法は、サッチャーの手法とまるで同じで、緊縮財政による「小さな政府」を目指していることからも、イギリスの政治への影響は大きかったといえるだろう。

「鉄の女」

サッチャーのことを人々はこう呼ぶ。

じゃりン子チエちゃんの母親は確かに「テツの女」なのだが、この場合は、サッチャーの共産主義に対する徹底した対立姿勢に対して、旧ソ連の政府系機関紙がサッチャーをこう呼んだことから広まった言葉なのだ。
どう考えても可愛い呼び名ではないので、女性としては嬉しくないのだろうと考えるが、以外にも、本人は、マギーと呼ばれるよりも、この「鉄の女」と言われることを喜んでいたという。

その気の強さは、まさに、日本の最終兵器と恐れられる「大阪のおばちゃん」を凌ぐもので、フォークランド紛争で見せた戦争への躊躇なき即決や、イギリス議会における野党労働党の政策批判に対する強硬な答弁など、タカ派そのものの政治姿勢にはっきりと表れている。
その戦闘的な言葉は、サッチャー語録というものとなって、ネット上で語り継がれているほどなのだが、私としては、ブッシュ大統領のアホ語録やベルルスコーニのノンデリカシー語録の方が、ボケとしての完成度が高いと感じているのだが…。
そういえば、サッチャーを描いたメリル・ストリープ主演のアカデミー賞受賞作品のタイトルも「The Iron Lady」だ。
http://blog.goo.ne.jp/take16bb/e/0e6eac640c4dfae98d474532265e84fb

まあ、どんな人間も、故人ともなれば、各方面からその業績の偉大さを称える声が聞こえてくるものであるが、特に、日本の安倍晋三首相は「意志の力を示した英国の偉大な宰相だった。」とのコメントを出しているようだ。

安倍首相の新保守といわれる右傾化した政治姿勢は、確かにサッチャーにその姿を重ねる時もあるが、よく見るとかなり違うのではないかと思う。

サッチャーが首相に就任した当時のイギリスは、大英帝国の面影は薄れ、ジョージ・ソロスなどのヘッジファンドによるポンドのカラ売りで通貨の価値が大下落するなど、「英国病」と呼ばれるほど、イギリスは経済も財政も疲弊していた。
ここまでは、「失われた20年」による日本経済の沈滞と同じである。
ただし、この問題への対応をみると、サッチャーは徹底した緊縮財政を推し進めたのに対し、アベノミクスでは異次元と称される金融緩和と、ひと昔前の大型公共事業に依存した膨張予算を組むなど、その手法は正反対である。
これらは、結果さえ出ればよいのであって、どちらが正解と言う種類のものではないだろうが、少なくとも、経済政策においては、真逆のことをしているのである。

アベノミクスの結果が出ていない段階での、株価の上昇や為替相場の円安は、「雰囲気」だけで動く「相場」というものの怖さの裏返しだが、このアベノミクスが実体経済まで浸透するかどうかは、もう少し先でないと分からないのが真相だ。

税制についてみても、サッチャーは、イギリスの消費税(付加価値税)を8%から15%(現在は17.5%)に引き上げたが、庶民のために食料品などは非課税とした。
この結果、イギリスの消費税率は(現在は)17.5%であるのに対して、日本は5%なのに、税収に占める消費税の割合は、イギリスが22.7%、日本が22.3%と全く変わらないのだ。
財務省が、しきりに日本の消費税率が、欧米に比べて低いから、引き上げるべきとの宣伝をしているが、そのロジックが全くの詐欺であることは明白だ。

さて、サッチャーを勝手に「師」と仰ぐ安倍首相は、この夏の参議院選挙後に憲法改正に着手するらしい。
アルゼンチンとの領土問題であるフォークランド紛争において、サッチャーはイギリス軍を躊躇なく投入したが、安倍晋三は、あの姿を夢見ているのだろうか。

サッチャーに学ぶべきは、もっとほかにあるだろうと思うのだが…。


サッチャー女子のご冥福を祈って↓ポチ祷を…。

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/09(火)   CATEGORY: 未分類
金正恩の焦り

毒舌日記 ブログランキングへ

北朝鮮が10日にもミサイル実験をするという観測がある。

北朝鮮の東部にある元山付近に移動させた「ムスダン」という推定射程距離が3000キロ以上の中距離弾道ミサイルを発射するらしい。
もっとも、この「ムスダン」という名前は、アメリカが勝手につけたものだから、本当の名前は誰も知らないのである。

実験なのだろうから、公海上の地点を狙うのだろうが、なにせ性能については情けない状態のミサイルだから、間違って通天閣にでも命中したら、大阪のおばちゃんたちは黙ってはいないだろう。

とにかく、最近の北朝鮮の発言は物騒である。
朝鮮戦争における停戦協定を白紙とする発言や、アメリカを火の海にするなどという発言を繰り返しているが、何か、焦りでもあるのだろうか。

確かに、前回の核実験では、いつも北朝鮮を擁護する中国さえも北朝鮮に対する制裁決議に賛成したくらいなので、世界の中での孤立感は感じているだろうが、それならば平和的な会話により、現状を打開するべきなのに、どうも言動が過激すぎるのである。

朝鮮中央テレビなどの発言だけを聞いていると、今にも戦争を始めそうな勢いではあるが、実際に戦争ともなれば、北朝鮮軍はほとんどの兵士が食料不足で体力が低下している上、戦闘機や戦車を動かす燃料も不足しているようであるから、戦争を仕掛ければ自殺行為になることぐらいは分かっているのだろう。

それでも、例のネクラブタ金正恩は、強硬な姿勢にこだわり続けるのだ。

この背景になにがあるのか。

最も、考えられるのが、権力承継時における軍部に対する威力行為である。
父親の金正日が、金日成から権力承継した時には、抗日戦争を金日成とともに戦った(と主張している)高齢の軍部首脳が、自らの生き残りをかけて、必死で金正日にぶら下がった。

今回、金正恩の時も同じ事をしたのかというと、少し様子が違う。
突然の金正恩の地位承継で、軍部首脳はこのネクラブタを少し甘く見ていたようだ。
金正恩は、軍部首脳の粛清を始めたのである。

北朝鮮人民軍のトップであり、金正日の葬列でネクラブタと一緒に棺の前を歩いていた李英鎬人民軍総参謀長は、突然、解任されてその後は全く映像に現れない。
この金正日の葬儀での序列ベスト8のうち、この李英鎬を含む4人が粛清された模様で、朝鮮中央テレビなどの映像には全く映らなくなっている。

このような軍部首脳に対する粛清は、金正恩が自身の実権を確実なものとするために、行なわれているとの見方が強く、これに対する軍部の反発も一部では発生しているようだ。
実際に、昨年11月に、ネクラブタの暗殺未遂報道が流れたときには、平壌市内にある金正恩の私邸などに100台の装甲車が配備されているし、地方視察など同書記の公開活動に際しては、携帯電話が起爆装置に利用されないよう、強力な妨害電波を流しているとの情報もある。

そして、金正恩の好戦的な姿勢は、ややもすれば年の若い金正恩が軽く見られるところを「米国をも恐れていない」強い指導者であることを、軍部に示すためのものだろう。

注意しなければいけないのは、このような北朝鮮、金正恩の脅しに対して、日本が軍事拡大路線をとっていくことである。
巨額の軍事予算をつぎ込んだミサイル防衛システムが全く機能しないことは、北朝鮮のミサイル発射のときに明らかとなった。
所詮、複数のミサイルをすべて撃破することなど、実際には出来ないのである。
重要なのは、ミサイルを撃ちたがっている北朝鮮の一部の特権階級から、北朝鮮を国民の手に取り戻すことなのだ。

北朝鮮では、相変わらず食料不足が続いて、国民は窮地に立っている。
金正恩は、僅かなその食料を自分の地位を確保する手段として、首都再開発事業に全国から動員された学生や青年同盟(金日成社会主義青年同盟)などを養う食糧として、メディア向けの平壌市民への配給用として、そして、軍部隊を維持するための軍糧米として、国民から強制収奪して飢餓を増幅させているらしい。

EUは2012年秋に北朝鮮に調査団を派遣、食糧事情を調査した結果、緊急支援は必要ないとして、今年の食糧支援は行なわない方針だ。
国連の世界食糧計画(WFP)と食糧農業機関(FAO)も今年の北朝鮮の穀物生産予測では食糧事情は好転したとしている。
しかし、その食料は国民のためには使われないのである。

孤立化へ独走する金正恩。
この国に明日はあるのだろうか。

その指で、これ↓を金正恩だとおもって、バシッと一発…。

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/05(金)   CATEGORY: 未分類
異様な光景

毒舌日記 ブログランキングへ

3月31日の大阪市生野区の鶴嘴駅周辺は、異様な状況となっていた。
大阪府道702号線(通称千日前通り)の南側に在日韓国朝鮮人の排除を求める団体が日章旗や旭日旗を掲げて陣取り、拡声器の大音量で在日韓国朝鮮人を非難する一方、府道を隔てた北側には、人種差別反対を掲げる手製のプラカードなどを持った団体が、怒鳴り返すという状態が続いたのだ。
この日は、この種の小競り合いが全国の主要都市で行なわれたらしい。

http://www.best-worst.net/news_aARV492LRq.html?right

大阪府警は、両者の間に入って衝突を回避するため50人規模征服警察官を動員して、その整理に当たっていたが、通行人などは、何が起こったのかわからず、歩道を占拠したこれら団体の動員者を避けるように車道にはみ出して通行せざるを得ない状態であった。

在日特権を許さない市民の会(在特会)

桜井誠という人間が主催する在日韓国、朝鮮人が持つ特別永住資格や通名の使用を在日特権だとしてこれに反対して、在日特権を日本からなくすことを目的に、2007年1月に設立された団体の行動と、それに反対する集団の対立らしい。
この在特会という団体は、自身の発表では会員数が全国に約1万3千人もいるそうだ。

特定の人種に対する排斥運動について、日本ではあまり記憶がない。
これまでの在特会の集会における参加者の発言の中には、「在日を殺せ」といった過激なものもあったようだが(このあたりの発言は主催者の意思とは離れた一部の過熱者だろうが)、今回は比較的過激な表現は抑えられたらしい。
それでも、初めてこの集会を見たものにとっては、人種そのもの堂々と差別するということまで表現の自由の範疇には入らないだろう。

驚いたのは参加者の年齢が若いことと、若い女性の参加者が含まれていたことだ。
我々の知る「右翼」とは異なる集団なのだろう。
ネット右翼というものがあるらしいが、顔の見えないネットの中のグループとも少し異なる地上で顔を見せる団体という識別なのか。

思想信条は憲法で自由が約束されている。
当然、デモや街宣活動はその自由な権利の行使だ。
ただし、公序良俗に反することは許されないのは当然である。
プラカードに殺人予告じみた文言を書けば、通行人はその趣旨とは別にその団体に対して恐怖心を抱くだろう。
通り過ぎていく子供たちの目には、れがどのように映ったのだろうか。

今までこのような団体の行動は、右翼団体の街宣車による行動は見られたが市民レベルでの行動はなかったように思う。


日本という国は、少しづつ、しかし確実に変質してきたようだ。

週末の嵐をポチッと吹き飛ばそうではないか。

毒舌日記 ブログランキングへ


DATE: 2013/04/04(木)   CATEGORY: 未分類
風疹

毒舌日記 ブログランキングへ

風疹が大流行の兆しである。

国立感染症研究所の発表によると、2013年1月1日から3月13日までのたった2ヵ月半で、全国の風疹患者数は1,656人となって、これは2012年の同じ時期の21倍というから驚きである。
東京都は特に顕著で、今年すでに風疹患者が762人に達しており、これは過去5年間で最多だった2012年の1年間の患者数672人を上回っているのだ。

マスコミも、風疹の流行や初期の妊婦に与える影響などを報道しているが、残念なことに妊娠中の母親を経由して赤ちゃんに障害が出る「先天性風疹症候群」全国で7例報告されているという。

風疹は、飛沫核感染(ウイルスを含んだ空気やホコリを吸うことによる感染)なので、人混みでのマスクは励行したいものだ。

さて、この風疹には予防接種が有効なのだが、この予防接種を受けていない世代があるのとマスコミは盛んに報道しているが、このからくりがややこしい。
これは、1977年8月に始まった風疹の予防接種について、1989年4月に予防接種の対象を中学2年の女子から1歳~6歳(後に7歳半)の男女に変更したからである。
その間、風疹予防もカバーできるMMRワクチンが副作用渦などで製造中止となるなど、複雑な要素も絡むので話はさらにややこしいのだが、単純に言えば、接種対象の年齢を急に変更したから、このように未接種者が大量に発生したのである。

例えば、1989年4月に中学1年生だったAさんという女性がいたとしよう。
Aさんは、当時中学1年生だから、昔のルールだと翌年の中学2年生のときに、風疹の予防接種を受けるはずだった。
ところが、Aさんが中学2年生になったときには、その制度が変更されていて、予防接種を受けられない。
新しい予防接種の対象年齢は、1歳から6歳(後に変更)までに変更されていたのだが、Aさんは、魔法使いのおばあさんに知り合いがいなかったので、若返ることなど出来なかった。
このため、Aさんは、一生、風疹の予防接種を受けることが出来なくなったのだ。

なんちゅう、アホな事をしてくれたのか。
国の罪は重いだろう。

勿論、経過措置として、当時、市町村単位で、未接種の隙間年齢者に対する予防接種の啓蒙が行われていた市町村もあるのだが、全国的な話ではない。
また、昨年までは、国から若干の補助金が出ていたが、今はそれもない。

とにかく、結論から言うと、1979年~1987年生まれ(現在、26歳~34歳)の女子は風疹の抗体を持っていないと考えたほうがよいだろう。

また、「子供の頃に風疹にかかったから大丈夫。」ともいえないようである。
厚労省のHPでも、子供の頃の病気は判別が難しく、医者が、じん麻疹を風疹と誤診するケースもあるそうだ。

とにかく、通勤通学も含め、誰もが人と接しないわけには行かないのだから、妊婦や胎児に悪影響のある風疹を避けるためにも予防接種をしたいものだが、これだけ騒いでいても、政府は予防接種に補助を出そうとはしない。

風疹の予防接種は、1回5000円から6000円くらいだが、東京都を除いては何の補助もない。
日々、切り詰めて暮らしている庶民には、痛い出費だ。

行政が不手際で作った未接種者も多数いるのだから、「何とかせんかい!」と思うのだが、政治家のセンセイ方は、みんなお金持ちだから、庶民の苦しみは伝わらないのだ。
きっと、億円単位の話にしか興味を示さないセンセイ方は、「千円」という通貨単位があることを知らないのだろう。

頑張って5000円を出そう。
そして、予防接種をしよう。
気付かないまま、不幸な人をつくらないためなら、自分の生活を削ってもいいじゃないか。

参考

厚労省の風疹に関するページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/

※ 風疹の症状
潜伏期間は2~3週で、初期症状として微熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、痛みのないバラ色の口蓋斑点がでる。

その後、顔、耳後部から、赤く癒合性のない点状の紅斑が全身に広がり、多くは3日~5日程度で消える。

発症者の約25~50%に、38~39度前後の発熱が3日程度続く。

予防接種の前に「予防プッシュ」を

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/03(水)   CATEGORY: 未分類
首切り自由化

毒舌日記 ブログランキングへ


安倍内閣の経済政策は、経済財政諮問会議と日本経済再生本部という2つの会議で決めていくそうである。
この2つの会議は殆どの閣僚が参加しているので、形式的な会議である。
実務的な詳細の決定は、事務局を除けば、日本経済再生本部の下部組織である産業競争力会議と言う場で決定されるのだ。
つまり、安倍内閣の政策の柱はこの産業競争力会議で決まると言っても良いのである。

ところが、この産業競争力会議は相当危険な会議であることが分かってきた。

本来この会議は、日本の産業力が世界市場で復活するための施策を検討する会議で、規制緩和や研究開発に対する政府の財政支出や法整備の方向性を検討するために設置された会議なのだが、現在までに5回開催されたこの会議での中心議題は、「雇用主が従業員を簡単に解雇するための規制緩和」なのである。

この「クビ切り自由化」とも言うべき提案を最初に言い出したのは、実は安倍首相であり、第1次安倍内閣の2007年に、「一定の金銭を支払えば、雇用主は労働者をいつでも解雇できる」内容を、この2007年に成立した「労働契約法」の中に条文として盛り込むべく、厚労省は作業をしていたのだ。
この安倍の目論見は、自民党が選挙で大敗し、安倍首相自身が「ボクちゃん病気」と言って首相を辞任したため実現しなかったが、今回、それをまたしても出してきたのである。

勿論、この「首切り自由化」は、経済界とっては、長年の夢である。
現状において、雇用主が、労働者を解雇する場合には、「整理解雇4要件」と呼ばれる合理的、客観的な4つの解雇の要件が必要であり、雇用主が勝手気ままに労働者をクビにはできないのだが、財界はそれが面白くないのだ。

整理解雇4要件(ページ下部)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/keiyakushuryo_rule.html

この産業競争力会議での主要テーマになっている首切り自由化とは、企業が例えば、「転職支援金」といった名目で一定の金を支払えば、自由に社員のクビを切れるようにするもので、これが実現すれば、従業員は、いつ会社から「クビじゃ!」と言われても文句を言えなくなるのである。

3月15日の第4回産業競争力会議、及び3月29日の第5回会議では、武田薬品工業社長の長谷川閑史が、「再就職支援金などの支払いとセットでの解雇を認め、合理的な解雇ルールを明文で規定する必要がある。」と力説すると、楽天の三木谷浩史も、従業員を解雇せずに一時的に休業させた企業を支援する「雇用調整助成金」は廃止して、その金を成長産業に回すべきだと主張し、「うまくいかない会社は吸収、売却された方がいい」とも言い切ったのである。

しかも、この会議の委員には、日本を非正規雇用者で溢れさせ、市場という偶像の名の下で、格差社会を作り出した張本人、竹中平蔵もいるのだ。

竹中平蔵は、元々解雇自由主義者であるから、この会議の席でも、「雇用問題による制約があるため、雇用維持目的だけの不採算事業(ゾンビ企業)が日本には多い。」と言い、「解雇規制のルール明確化と外国人労働者の受け入れを促進すべきだ。」と発言している。

結論から言うと、この会議や政府の考え方では、今の低迷する日本経済はすべて労働者の過度な保護、解雇の制限によってもたらされたと言いたいようだ。

シバいたろか!

日本が何故こんな国になったのか、もう一度考えてみろ。
日本の誇る終身雇用制度が、目先のコストダウンだけを目的に、派遣や契約社員に代わったときから、企業は従業員を人ではなく、モノとして扱い、従業員は企業への献身的に尽くすのを辞めた。
このときから、企業の成長への活力は失われ、投資よりも内部留保、売り上げ増加よりも経費削減による期間収益の確保といった方向にすべての企業が走り出した結果、世界の中で取り残された現在の日本になったのではないか。

ドイツなどは、日本から学んだ終身雇用が定着し、成長を続けているのだ。

一度失業した人間は、再就職が難しいので、需要、供給ともに低下して、日本の潜在成長率は、当然下落する。
この危険な会議の内容があまりマスコミから伝えられないことも問題である。

日本は、何処へ行こうとしているのだろうか。


ホンマ、腹の立つ話や。
ここは、これでも押して、スカッとしよか。

毒舌日記 ブログランキングへ

DATE: 2013/04/02(火)   CATEGORY: 未分類
国民栄誉賞

毒舌日記 ブログランキングへ

長嶋茂雄氏と、松井秀喜氏に国民栄誉賞が贈られることが決まった。
めでたいことではないか。

長島茂雄氏は、生粋の阪神ファンの私でも大好きな選手だし、あの天性のボケぶりは、吉本興業が「負けた。」と素直に認めている。
松井秀喜氏は、本人自身が子供の頃から、熱狂的な阪神ファンで、ドラフトでは阪神入りを強く望んでいたが、くじ運悪く読売に身請けされのだ。
きっと、松井秀喜氏は、「おしん」のように耐えながら、巨人のユニフォームの下に黄色と黒の縦縞の下着を着ていたに違いないのだ。

この2人の国民栄誉賞受賞に関しては、「選考基準が不透明やんけ!」とか、「なんで今やねん!」とか、「夏の参議院選挙での人気取りが目的ちゃうんか。」、「政治家のための賞やないで!」とか大阪のおばちゃんを中心にさまざまな声があるが、選ばれた本人には関係のないことだ。

政治的な謀略と言うが、なでしこジャパンに国民栄誉賞を授けた管直人や、レスリングの吉田沙保里を選んだ野田佳彦は選挙で惨敗したのだから、政治家にとっての「ご利益」はそれほどのことはないのだろう。

まあ、野球人では野茂秀雄や野村克也といったあたりが選ばれてないのはおかしいと言うがひともいるが、そのうち選ばれるだろうし、野茂秀雄はともかくも野村克也の方はネチネチしたボヤキが、国民栄誉賞表彰規程に書いてある「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与え…。」に当てはまるかどうか…。

残念なのは、今年の1月に亡くなった大鵬幸喜氏について、本人が死んでから政府が受賞を決めたことだ。
これに関しては、「生きてるうちに選ばんかい!」という魚屋のおばちゃんの意見に激しく同意したい。
きっと、大鵬幸喜氏を選んだ場合、「巨人はエエとして、玉子焼きはどうするねん」といった反対論があったのだろう。
大鵬幸喜氏以外にも、三船敏郎が受賞していないのも気になるが…。

中には、盗塁の世界記録である通算939盗塁を達成した福本豊氏のように、当時の中曽根康弘首相から国民栄誉賞の授与を打診されたものの、「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」(本人談)という理由で辞退した例もあるのだ。
まあ、福本豊氏くらいの快速になると、捕まえる警察官も相当の俊足でないと無理だし、第一、受賞しなければ立ちションをしても良いのか、といった重要な検証もなされていないのだ。

ちなみに、国民栄誉賞には記念品がついていて、時価100万円相当の賞品が送られるそうである。
なでしこジャパンの時の「熊野ふで」は一躍有名になったが、初回受賞者である王貞治氏の記念品は、なんと鷲の剥製だったそうである。
王選手くらいになると、広い家に住んでいるのだろうが、こんなもんを貰っても、何処に置いたらいいのか悩むのが普通だ。
夜中に、これを見たら子供は泣き出すに違いないし…。

今回の長嶋茂雄氏と、松井秀喜氏に対する記念品は、ちょっとはセンスのあるものを期待したいが、所詮は政治家が考えることである。
どうせ、アイツらの思いつくことと言えば、国会議事堂の国会中央食堂のお食事券100万円分とか、読売新聞20年分とかに決まっている。
小池百合子や片山さつきとのデート券も考えたらしいが、これは野田聖子や高市早苗陣営から、「私も入れろ!」とのねじ込みがあって、収拾がつかなくなったらしい。

なお、私が受賞する時にはぜひ、「現金」にして頂きたいという希望を付け加えておく。


おっ!こんなところに国民栄誉賞ボタンが…。


毒舌日記 ブログランキングへ

Copyright © 8ちゃんのニュースのツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。